ソフトウェア

iOS 8に新たなバグ、設定をリセットするとなぜかファイルが消滅


UNIX系OSのシェルである「bash」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、Appleは脆弱性対策を行ったアップデートを現地時間9月29日(月)にリリースしましたが、今度はiOS 8の「全ての設定をリセットする」オプションにバグがあり、ドキュメントがiCloudから勝手に消されてしまうという事例が報告されました。

Bug in iOS 8's 'Reset All Settings' Option Also Erases iCloud Drive Documents - Mac Rumors
http://www.macrumors.com/2014/09/29/reset-all-settings-icloud-drive-bug/

これはMac Rumorsのフォーラムに複数のユーザーが書き込んだバグ。

Reset iPad settings and lost all my iCloud docs - MacRumors Forums
http://forums.macrumors.com/showthread.php?t=1787223



あるユーザーによると、iOS 8をインストールしたiPad 3の動きが遅かったため、いったん全ての設定をリセットすることにしたとのこと。この操作にデータの消去は含まれないはずなのですが、全ての設定をリセットしたところ、iWorkのデータが全削除されてしまったそうです。データが削除されてしまったユーザーは過去にiOS 8のバックアップをとったことがなく、iCloudには「ゴミ箱」などもないため、データの復元が不可能になってしまったと語っています。なお、同じバグの被害にあったユーザーの中には「iWorkのドキュメントは全削除されたけれど、他のアプリのファイルは無事だった」という報告をしている人もおり、全てのファイルが削除されてしまうわけではない様子。

「全ての設定をリセットする」オプションを選択する際には以下のように「データやメディアは消去されません」と明示されますが、それにも関わらずデータが消えてしまったというわけです。


Mac Rumorsがテストしたところによると、「全ての設定をリセットする」オプションを使うことで、iCloud Drive・iPhone・iCloud.com内の全てのiWorkドキュメントが削除されてしまうことが判明。Yosemiteのベータ版を搭載しているコンピューターと同期している場合は、そこからもデータが削除されるようです。ただ一度削除されてしまうと絶対に復元できないわけではなく、バックアップを取っている人や、Time Machineを使って復元できたユーザーもいます。

by Downloadsource.es Tutoriales y descargas gratis

全てのデータが削除される訳ではないとはいえ、バグの存在は深刻であるとして、現在、ユーザーらはAppleサポートとコンタクトを取ることで問題の解決に臨んでいます。

・関連記事
「ブルースクリーンオブデス」「強制的に復元モード」などiOS 8バグ報告一覧 - GIGAZINE

バグだらけでアップデート配信が緊急撤回されたiOS 8.0.1を8.0に戻す方法 - GIGAZINE

iOS 8でファイルをアップロードすると破損するバグが見つかる - GIGAZINE

「iOS 8」の新機能をiPhone 6/6 Plusで使いまくってみたレポート - GIGAZINE

「iOS 8」発表、ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上し、さまざまな機能を追加 - GIGAZINE

Appleが「これまでで最も大規模なバージョンアップ」と明言するiOS8の新機能まとめ - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by logq_fa