生き物

ラットを人間よりも優秀なトレーダーに育てる「rattraders」

by Alexey Krasavin

金融市場で活躍する優れたトレーダーを生み出すべく、音楽を利用した特殊な装置を使ってラットを訓練しているのが「rattraders」です。

rattraders
http://www.rattraders.com/

artmarcovici
http://www.artmarcovici.com/rat-traders

これがrattradersで使用している装置。側面が透明なケージになっていて、ボタンを押すと赤もしくは緑のLEDライトが点灯する仕組み。装置には空調と音楽システムが搭載されています。


実際にラットが取引を行っている様子がコレ。過去のデータをもとに証券の価格が「下がる」と予想したラットは赤いLEDが点灯する方のボタンを押します。


一方、証券の価格が「上がる」と予想したラットは、緑のボタンを押します。


ラットの訓練は1年にわたって行われました。これがラットを飼育している研究所。


rattradersは音楽を使ってラットに証券の動きを予想させるシステム。ラットは人間には認識できない音のパターンを聞き分けることができるので、まず、世界中の市場における過去の膨大なデータを集め、証券価格の上がり下がりを音に変換してラットに聞かせます。この音楽はトリッカー・サウンドと呼ばれています。


以下が訓練中のラットが入るケージ。ラットはトリッカー・サウンドを聞かされ、最後に流れた音楽から次に起こるパターンを予想させられます。予想が正解していればエサが与えられ、間違うと微弱な電流が流されるようになっているので、正解率の高いラットから太っていくわけです。そして何週間かトレーニングを行ったところで正解率の高いラットを選別し、再びトレーニング。最終的には極めて正解率の高いラットだけが残るという仕組みになっています。


訓練で選ばれた正解率の高いラットたちの姿はこんな感じ。2匹のラットの子孫を残すことで、さらに優秀なトレーダーが生まれるというわけです。


ウェブサイトでは、「訓練されたラットたちの正解率は多くの人間よりも高い」と説明されており、その斬新すぎるシステムにメディアも注目しています。rattraders.comのCEOであるMichael Marcoviciさんがインタビューを受ける様子は以下のムービーから確認可能です。

AFC rattrading part1 - YouTube


AFC rattrading part2 - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
愛くるしいハムスター&ネズミがターンテーブルをちょこまか走るムービー - GIGAZINE

ヒョウのエサを取りに来た命知らずのネズミ - GIGAZINE

コヨーテに戦いを挑む勇敢なネズミ - GIGAZINE

ミニチュアの世界で野生のリスが料理・洗濯・撮影・二日酔いなど生活しているかのような写真集 - GIGAZINE

ハムスターが必死にプレッツェルスティックをかじろうと試行錯誤 - GIGAZINE

檻から大脱出するハムスターたち - GIGAZINE

in ハードウェア,   生き物,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.