「iPhone 6 Plus」の湾曲現象についてAppleが「極めてまれなケース」と反論


2014年9月19日に発売されたばかりの「iPhone 6 Plus」がポケット内で曲がってしまうという事例が報告されていましたが、その件に関してAppleが正式に声明を発表し、「同端末が曲がってしまうことについての問い合わせは、発売後最初の6日間で9件しかなかった」と述べました。

Apple Reports Only Nine Complaints of Bent iPhones | Re/code
http://recode.net/2014/09/25/apple-reports-only-nine-complaints-of-bent-iphones/


Apple addresses Bend-gate - CBS News
http://www.cbsnews.com/news/apple-addresses-bend-gate/

ユーザーから「iPhone 6 Plusが曲がってしまった」という報告がTwitterに相次ぎ、さらには、iPhone 6 Plusを手で簡単に曲げる様子を撮影したムービーがYouTubeにアップロードされるなど、ユーザーの間に混乱を巻き起こした今回の問題。

Appleは「iPhone 6 Plusにステンレス鋼とチタン、強度を高めた6000系アルミニウムという品質の高い素材を使用し、3点曲げ・圧力サイクルテスト・座ったりねじったりといったユーザー行動テストなどの厳しいテストを開発段階で行っている」とコメントし、さらに、iPhone 6 Plusが曲がったというユーザーからの報告が発売後最初の6日間で9件しかなく、通常使用でiPhone 6 Plusが曲がるのは「極めてまれなケース」と批判を一蹴しました。


iPhone 6およびiPhone 6 Plusの発売から1週間、「iPhone 6 Plusの湾曲問題」だけでなく、「iOS 8.0.1アップデートのバグ問題」も大きな話題を呼び、9月25日のAppleの株価は3.8%下落。発売後3日間でiPhone 6とiPhone 6 Plusの売上が1000万台を突破したというポジティブな面もありますが、Appleが今回の逆風をどう乗り切るのか注目が集まります。なお、Appleは「iOS 8.0.1アップデート」を撤回しており、近日中に修正バージョンの「iOS 8.0.2」をリリースするとのことです。

・つづき
iPhone 6はiPhone 5の約半分の強度しかないことが実際のテストで判明 - GIGAZINE

・関連記事
iPhone 6 Plusがポケット内で曲がってしまった事例が続々、手でも簡単に曲げられる模様 - GIGAZINE

iPhone 6・iPhone 6 Plusはどこが新しくなってすごいのかがよくわかるApple公式ムービー - GIGAZINE

「iPhone 6 Plus」を液体窒素・ミキサー・ハンマーでフルボッコにした結果は? - GIGAZINE

3日間で1000万台売り上げたiPhone 6/6 Plusの製造原価は2万円台 - GIGAZINE

「本当にiPhoneなのか?」と疑うほど巨大な「iPhone 6 Plus」フォトレビュー - GIGAZINE

iPhone 6 Plusが速攻で分解され、中まで金ピカのゴージャス具合が丸裸にされる - GIGAZINE

iPhone 6を購入するために大勢の中国人がニューヨークのApple Store前に集結、やりたい放題の末に最後はiPhoneを闇市に流した模様 - GIGAZINE

中身もデザインも大きく進化「iPhone 6」ゴールド速攻フォトレビュー、5sと比べると圧倒的ビッグサイズ - GIGAZINE

105

in モバイル, Posted by darkhorse_log