ムービー

約1億円の優勝賞金をかけたオンラインゲーム世界大会のクール過ぎるPV


総プレイヤー数が7000万人以上もいて、世界中で大会が開催されている、世界最大級のオンラインゲーム「League of Legends」の世界大会「League of Legends World Championship 2014」が2014年9月18日から開催されています。優勝賞金100万ドル(約1億800万円)をかけてゲーマーたちが戦いを繰り広げるLeague of Legends World Championship 2014のプロモーションムービーが公開されていて、あまりの出来栄えに見入ってしまうこと間違いなしです。

Warriors - 2014 World Championship (Imagine Dragons) - YouTube


映し出されるファン。


何かをじっと見つめる一人の男性。


男性は薄暗い部屋でPCのディスプレイに向かっていました。


男性がプレイしているのはLeague of Legendsです。


男性がキーを叩くと……


ゲーム内の世界に光が解き放たれます。


いくつもの光が空を駆け巡ります。


最終的にLeague of Legendsのプレイ人数である5つにまで増えました。


5つの光は大きな岩に衝突し、せん光が走ります。


ゲームに勝ち、ディスプレイを前に談笑している5人のプレイヤー。


一方、コンピューターを挟んだ向こう側ではプレイヤーたちがうなだれています。


脱力して、天を仰ぐ男性。


自分の手を見つめ……


目線を上げた先にあるのは「DEFEAT(敗北)」と表示されたディスプレイ。


ディスプレイの向こう側ではライバルらしき男性が目を細めます。


その瞬間、自分の無力さを悔やむようにプレイヤーは拳を握りしめました。


次に映し出されたのは、勝者をたたえる試合会場です。


戦いには勝者がいれば……


敗者もいます。


敗者となった男性が怒りにまかせてキーボードをたたきつけると……


「L」「O」「7(上下逆さま)」のキーが浮かび上がりました。これはLeague of Legendsの略称である「LoL」を意味しているのかもしれません。


とある街から数本の光が空に向かって放たれます。


光の群れは雲を突き抜けたところまで上昇。


光の正体はLeague of Legendsのプレイヤーたち。


プレイヤーたちは再び光に姿を変えて、すさまじい速度で降下。


プレイヤーたちがスタジアムに落ちると……


スタジアムは大爆発。


満員のスタジアム。


優勝を手にするのはどのチームなのか?


優勝カップを見つめるプレイヤーの行方は……。


League of Legends World Championship 2014は台湾から始まり、シンガポールへと場所を移し、韓国で決勝が行われます。優勝賞金1億円をかけた決勝戦は、前回の優勝チーム「SK Telecom T1 K」のホームタウン・ソウルにあるソウルワールドカップ競技場で開催されます。優勝賞金の1億円を手にするのは一体どのチームなのか、大会の行方に注目が集まります。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
中国政府、オンラインゲームを1日3時間以上プレイしたら減点すると発表 - GIGAZINE

オンラインゲームを「オカンでも説明無しで楽しめる」ように作るためにすべきこと - GIGAZINE

オンラインゲームを楽しむために大量のPCを設置する人たち - GIGAZINE

世界最多のプレイ人数を誇るオンラインゲーム「World of Warcraft」が生み出す驚きの経済効果についての図解 - GIGAZINE

オンラインゲームのアカウントを停止されたプレイヤー、ワイロで復活を試みる - GIGAZINE

オンラインゲーム上で家具の窃盗を行った少年が逮捕される - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.