メモ

4Kムービーをケーブル1本で余裕で再生できる「DisplayPort 1.3」が登場


4K(3840×2160)の高解像度ムービーを楽々再生できる「DisplayPort 1.3」が規格化されました。

VESA Releases DisplayPort™ 1.3 Standard | VESA
http://www.vesa.org/uncategorized/vesa-releases-displayport-1-3-standard/


PCやビデオ機器の標準化団体であるVideo Electronics Standards Association(VESA)は、DisplayPortで4K解像度のムービーにも対応できる新規格「Version 1.3」を発表しました。

DisplayPort 1.3では最大帯域幅が32.4Gbpsに到達。4Kムービーなどの巨大なサイズのデータの登場により、帯域幅拡大への要求に対応して性能が高められています。


なお、DisplayPort 1.3は4Kムービーだけでなく5K(5120×2880)という4K以上の高解像度のムービーにも対応できるとのこと。


DisplayPortは主にMacで採用が進んでいるThunderboltやAMDが主導する新規格DockPortなどで用いられている標準規格(上位規格)なので、今後はより帯域幅の拡大したThunderbolt接続の高解像度ディスプレイなどが続々と登場するものと考えられます。

・関連記事
4Kコンテンツへの本格対応を果たしたHDMI2.0規格はどのように進化しているのか - GIGAZINE

「HDMI 2.0」で一体何が新しくなって大幅に強化されるのかまとめ - GIGAZINE

Amazonが4Kコンテンツ配信に向けてSamsungやワーナー・ブラザースなどとパートナーシップを締結 - GIGAZINE

4K解像度ディスプレイの普及でアダルト向けコンテンツが果たす役割とは? - GIGAZINE

メーカー各社がパソコンの「アナログRGB」や「DVI」を廃止する方針を表明 - GIGAZINE

Apple純正HDMI変換アダプタの思わぬ正体、フルHD出力はアプコンだったことが判明 - GIGAZINE

in ハードウェア,   メモ, Posted by logv_to