サイエンス

アスピリンのガン予防薬としての効果と副作用

By Shannon

炎症をしずめて腫れや痛みなどの症状をおさえる効果があるアスピリン(正式名称:アセチルサリチル酸)は関節炎や痛風、片頭痛のほか、生理痛・歯痛・腰痛さらには手術後の鎮痛目的で使用される解熱鎮痛薬です。そのアスピリンを1日1錠継続して服用すると、ガン発症リスクを減らせられることが判明しているのですが、アスピリンを継続摂取することで発生する副作用とガン発症リスクの軽減効果を比較して、アスピリンをガン予防薬として使用できるのかどうか、医療業界が注目しています。

Estimates of benefits and harms of prophylactic use of aspirin in the general population
http://annonc.oxfordjournals.org/content/early/2014/07/30/annonc.mdu225.abstract

HEALTH: Study finds daily Aspirin could 'cut cancer risk'
http://www.itnsource.com/en/shotlist//ITN/2014/08/06/T06081442/

Aspirin a day could dramatically cut cancer risk, says biggest study yet | Science | The Guardian
http://www.theguardian.com/science/2014/aug/06/aspirin-could-dramtically-cut-cancer-risk-say-scientists-biggest-study-yet

心臓発作や脳卒中の予防に加え、ガンの発症リスクを軽減する作用がアスピリンにあることは、数多くの研究で発表されていましたが、焦点はアスピリン摂取によるメリットが副作用を上回るほどのものか、ということでした。アスピリン摂取による副作用の代表的なものには胃障害があり、出血性胃潰瘍を引き起こすと死に至る可能性もあります。

By James Palinsad

過去のありとあらゆるアスピリンとガンに関する研究データを論文にまとめた、クイーン・メアリーカレッジ・ガン予防センターのJack Cuzick局長によると、75mgのアスピリン錠剤を毎日1錠10年間摂取し続ければ、大腸ガンの発症リスクは35%も軽減し、さらにガン発症後の死亡リスクも40%軽減できるとのこと。また、食道ガン・胃ガンの発症リスクを30%、死亡リスクを35~50%減少できる可能性があります。

しかしながら、75mgのアスピリン錠剤を毎日1錠10年間摂取し続けると、60歳以上になると胃出血を引き起こす確率が2.2から3.5%まで増加することが判明。Cuzick局長は「アスピリンの副作用は、ピロリ菌に感染している患者に共通して現われることが確認されています。アスピリンをガン予防として服用しようと思っている人は、まずかかりつけの医師に相談してください」と注意喚起していました。

By Ed Uthman

アスピリンの副作用でもう1つ気をつけなければいけないのは出血性脳卒中です。アスピリンは血栓によって引き起こされる心臓発作や虚血性脳卒中の予防薬としてすでに処方され始めていますが、脳内が出血することによって発生する出血性脳卒中の発症確率が5%増加してしまうことがわかっています。

イギリスのガン研究機関「Cancer Research UK」は、予防薬としてのアスピリンの効果を認めた上で「副作用を考えるとアスピリンをガンの予防薬として処方するには、どのような患者に処方しても大丈夫で、どのような患者に処方するのが危険なのか、より詳しい調査が必要だと思う」と見解を述べました。

By Lab Science Career

一方、Cuzick局長は「あくまで個人的な見解ですが、50歳から64歳までの全ての人はアスピリンの服用を考え始めた方がいいと思います。もちろん、処方を受ける前に医師に相談し胃出血のリスクを調査するのが大前提です。私はアスピリンによるメリットが副作用のリスクを上回るものだと思っています」と発言しました。

日本では国立がん研究センターが研究を行い、アスピリンにより大腸がんの前駆病変であるポリープの再発リスクが約40%減少したことが判明同センターの松田尚久医長は「今回の結果は大腸がんの化学予防法の確立を期待させるものですが、さらに大規模な検証が必要です」と話しており、今後の研究に大きな期待が寄せられています。

・関連記事
アスピリンの長期服用がガンによる死亡率を低下させるという研究結果が明らかに - GIGAZINE

皮膚ガンを治療するためのワクチンが第I相臨床試験をスタート、他のガンへの応用の可能性も - GIGAZINE

特定の食材によるガン発生リスク軽減説の根拠が弱まっていることが判明 - GIGAZINE

ガンを早期発見できる「ナノダイヤモンド」でガン治療が飛躍的に進む可能性 - GIGAZINE

平均睡眠時間を1時間減らすと糖尿病・ガンに関する遺伝子が活発になることが判明 - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by darkhorse_log