ハードウェア

発売間近のiPhone 6とみられるモデルのサイズがよく分かる比較写真が流出


9月発表・10月発売とも噂される「iPhone 6」は、ディスプレイサイズが現行モデルのiPhone 5sなどの4インチから4.7インチに拡大され画面大型化の波を逃すまいとしている様子が伝えられています。そんな新型iPhoneとみられる比較写真が新たに明らかになっています。

Apple iPhone 6 compared to iPhone 5 in live photos - GSMArena.com news
http://www.gsmarena.com/apple_iphone_6_compared_to_iphone_5_in_live_photos-news-9454.php

新しいiPhone 6とみられる端末の写真がこちら。パッと見ただけではiPhone 5sとの違いが分かりにくいですが、指紋認証機能つきのホームボタンとの比率を見るとボディが大きくなっている様子が感じられます。ボディ前面の周辺部に段が設けられているのもiPhone 5sには見られない特徴。


ブラック版だとこんな感じ。外周部に白い縁取りが見えますが、ホワイト版と見比べたり、サイドボタン部分の形状からすれば、保護用のバンパーのようなものが取り付けられているのかもしれません。画面に表示されるアイコンは4列×5行+1列となっており、iPhone 5s+iOS 7などから変更はない様子。


iPhone 5sとiPhone 6を並べたらこんな感じで、「Dライン」と呼ばれている背面上下の縁取りデザインが特徴的。iPhone 6はDライン1つぶん拡大されている模様。カメラレンズが突出するデザインになっているので、キズに強いサファイアガラスが使われているとしても、破損を防ぐ対策が採られているのかが気になるところです。注目すべきは写真上部に写るシルバーとピンクの金属製バンパー。底面の加工形状からするとiPhone 5s用ではなくiPhone 6用に作成されたものだと思われますが、本体の発売前にすでにバンパーの設計が行われていることをうかがい知ることができます。


厚みの比較写真。iPhone 5sの7.6mmよりもさらに薄くなっている様子が見てとれます。


底面写真。iPhone 5sの58.6mmから一回り大きくなっています。そしてラウンド加工された本体周辺部のデザイン処理も特徴的。左からイヤホンジャック、マイクと思われる小さな穴、Lightningコネクター、そしてスピーカー用の穴と見られるデザインとなっています。


本体左側のボタンは、iPhone 5sの円形から縦長タイプに変更される模様。


そして本体右側には電源ボタンが移動してくる様子です。SIMカードスロットは大きな変更がない様子。


電源ボタンがサイドに移動したことで、上面のデザインはスッキリしたものに。この写真を見る限り、やはりカメラのレンズがテーブルに接している模様。Appleはリキッドメタルとサファイアガラスを組み込む特許を取得しているので、ガラス周辺にメタルの縁取りが加えられると考えると、合点がいく気もします。


本体前面に装着されるとみられるサファイアガラスの耐久性をテストするムービーも公開されています。

WSJ: Apple's smartwatch will have sapphire screen | The Verge
http://www.theverge.com/2014/8/14/6003275/apple-smartwatch-will-reportedly-use-sapphire-screen

ムービーの中ではサファイアパネルを曲げたり、紙ヤスリで引っかいたりといった所業の限りをつくしますが、ほとんどキズがつかない様子が確認できます。

普通なら割れてしまいそうな状況でも、高い耐久性を示しています。


また、iPhone 6を追って2014年後半にも発売されるとみられる5.5インチディスプレイ搭載の「iPhone 6L」の写真もリークされています。

Purported photos of 5.5-inch ‘iPhone 6L’ show 2915mAh battery, wider display panel | 9to5Mac
http://9to5mac.com/2014/08/15/purported-photos-of-5-5-inch-iphone-6l-show-outer-shell-battery-and-more/

製造工程の途中らしきiPhone 6Lの画像。


iPhone 6L用とみられるバッテリー。少し見にくいですが、容量には「2915mAh」と記載されていることが確認できます。


iPhone 6用のバッテリーには「1810mAh」と記載されていました。


iPhone 6シリーズに続き、12.9インチディスプレイを持つ新しいiPadが2015年初頭にも発売されるという見通しも報道されています。

Apple Said to Prepare New 12.9-Inch IPad for Early 2015 - Bloomberg
http://www.bloomberg.com/news/2014-08-26/apple-said-to-prepare-new-12-9-inch-ipad-for-early-2015.html

さまざまな情報のリークが続いて新型iPhoneの発表に向けて盛り上がりを見せている状況ですが、Appleは9月9日(日本時間9月10日)に開催されるイベントでその詳細を発表するものとみられています。

・関連記事
ついにAppleが4.7インチの「iPhone 6」と5.5インチの「iPhone 6 Plus」を発表 - GIGAZINE

Appleが9月9日のイベントで新型iPhoneを発表か、これまでの噂まとめ - GIGAZINE

サムスンがついにAppleの次期「iPhone 6」のCPU製造から外される可能性大に - GIGAZINE

Appleが「これまでで最も大規模なバージョンアップ」と明言するiOS8の新機能まとめ - GIGAZINE

2014年9月リリースのiOS 8につながるこれまでの歴史をまとめたムービー - GIGAZINE

AppleにとってiPhoneがどれほど重要なのかわかるチャート - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logx_tm