無償で「iPhone 5」のバッテリー交換を8月29日からAppleが開始、確認方法まとめ


「ごく一部の iPhone 5 のバッテリー駆動時間が急に短くなったり、より頻繁に充電が必要になったりする可能性があることが判明しました」ということで、2012 年9月から2013年1月の間に販売されたiPhone 5のうち、シリアル番号が特定の範囲内にあるものについて、バッテリーを無償交換することがApple公式サイトで発表されました。

iPhone 5 バッテリー交換プログラム - Apple サポート
https://ssl.apple.com/jp/support/iphone5-battery/


シリアル番号の確認方法はいろいろあるのですが、一番簡単なのは「設定」から「一般」、そして「情報」の順にタップすること。以下のようにして確認できます。


シリアル番号がわかったら「iPhone 5 バッテリー交換プログラム」のページに行き、先ほど確認したシリアル番号を入力して「送信」ボタンをクリックすれば、対象かどうかが表示されます。


もしも対象だった場合、8月29日(金)から交換手続きが開始されることになっており、Apple Storeで予約して持って行くか、Appleの正規サービスプロバイダ(「カメラのキタムラ」や「クイックガレージ」など)へ検索して持って行くか、それでも難しい場合はAppleサポートに問い合わせることで交換が可能となります。

なお、既に自費でバッテリーを交換してしまっているという場合でも大丈夫で、Appleサポートに問い合わせることで返金が可能となっています。

・関連記事
AppleがiPhone 5の電源ボタンの無償交換プログラムを発表 - GIGAZINE

サムスンがiPhoneの電池持ちの悪さを哀れむようなGalaxy S5のCMを公開 - GIGAZINE

ダンボーの形をしたiPhone5回分の大容量バッテリー「cheero Power Plus DANBOARD version」 - GIGAZINE

サクッと実行できるスマホのバッテリーを長持ちさせるための8つの方法 - GIGAZINE

ハンドルをぐるぐる回して発電できるモバイルバッテリーでiPhoneをゼロから充電可能にするにはどれぐらい回せばいいのか? - GIGAZINE

わずか0.3ミリの充電シートでiPhoneをワイヤレス充電可能にする「Slimo」 - GIGAZINE

コンセントに直接挿して充電できるスマホ用モバイルバッテリー「BOLT」を試用してみた - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア, Posted by darkhorse