ハーゲンダッツも認めたカチカチのアイスを溶かして食べやすくする「15.0%」のスプーンを使ってみた


アイスクリームは少し柔らかくなってからスプーンですくうとスムーズに食べられるのですが、冷凍庫から出したばかりのアイスはカチカチで、「今すぐ食べたい!」と思いつつも「待て」を強いられることもしばしば。アイスクリーム好きのための製品を作っているブランド「15.0%」のスプーンは公式サイトによると、熱伝導率の高さを利用して手の体温がスプーンに伝わることで固いアイスクリームも溶かしつつスムーズにすくえるという商品です。ハーゲンダッツ限定版も販売されているというスプーンを実際に使ってみました。

15.0%
http://www.15percent.jp/

スクープ「mocha」とスタンダードタイプのスプーン「vanilla」が編集部に到着。


パッケージはこんな感じ。15.0%の製品にはそれぞれ番号がついており、mochaは5番、vanillaは1番なので、それぞれ箱の右上に番号が振られています。


箱の中にはカップに刺さったスクープ&スプーンと、説明書が入っていました。


カップから取り出してみたスクープ&スプーンはこんな感じ。


スプーンはiPhoneよりやや小さめ、スクープはiPhoneの1.5倍ほどの大きさとなっていました。


スプーンは真ん中に緩やかなくびれがあり、手に持つとティースプーンよりも少し小さめ。なめらかなフォルムを描いているので、手にしっかりとフィットします。


スクープはかなり大きいので、ガッシリと持って使います。


ということで、ハーゲンダッツについてくるプラスチックスプーンと15.0%を使い比べてみた様子は以下から。

カチカチのアイスを溶かすスプーン「15.0%」 - YouTube


アイスはカチカチになるまで冷やしており、FLIRで確認したところ温度はマイナス13度まで下がっていました。


ということで、実験スタート。


両方のスプーンをアイスの表面に突き立ててみたところ、プラスチックスプーンはほとんど表面に刺さらないのに対し、15.0%はスプーンに接している部分からジワジワ溶けてきました。


プラスチックスプーンは少しアイスがすくえたところで、スプーンがポンと出てしまいました。


一方、15.0%は味わうのに十分な量のアイスクリームがすくえました。


アイスの表面を見てみると、15.0%のすくった後はしっかり溶けていることが分かります。


続いて、市販のティースプーンとの比較。

「15.0%」のスプーンとティースプーンでアイスを食べ比べてみた - YouTube


2つのスプーンをアイスに入れていきます。


ぐりぐりっとスプーンを動かして……


アイスをすくってみると、こんな感じ。これもすくえる量に大きな差がでました。


表面を見てみると、市販のティースプーンですくった後も少し溶けていますが、15.0%はさらに溶けています。


続いて、大きめサイズのスクープを使ってみます。


これもマイナス14度まで冷やしてカチカチの状態です。


アイスを溶かす「15.0%」のスクープを使ってみた - YouTube


大きめのカップに入ったアイスを用意して……


スプーンを入れていきます。


ジワジワと表面が溶けていくのがわかります。


ぐりっとスクープを回すと……


スプーンの跡はこんな感じになっていました。


なお、15.0%のスプーンは税込3240円、スクープは税込5400円となっています。

No.01 vanilla - Product | 15.0%
http://shop.lemnos.jp/html/page3.html



No.05 mocha - Product | 15.0%
http://shop.lemnos.jp/html/page7.html


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
30分以上もアイスクリームの食べごろを保てるアイス専用カップ&スプーン「Happy Ice Cream!」 - GIGAZINE

野菜やフルーツを非加熱殺菌の新技術でそのまま閉じ込めてお酒も使ったアイスキャンディー「PALETAS」 - GIGAZINE

凍らせた果物だけでクリーミーなアイスっぽいスイーツが作れる「Yonanas(ヨナナス)」を使ってみました - GIGAZINE

カップを1分半モミモミするだけでシャーベットが作れる「フローズンマジック」 - GIGAZINE

好きなアイスクリームのフレーバーでその人の性格が分かることが研究で判明 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   デザイン,   , Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.