メモ

中国がApple製品を政府調達リストから除外、その理由とは?

By Nelson Wu

中国政府が公金を使って調達するソフトウェア調達企業リストからシマンテックとカスペルスキーを除外したことが明らかになっていましたが、さらにAppleのiPadやMacBookなどの製品もリストから除外されていることが判明しました。

China Said to Exclude Apple From Procurement List - Bloomberg
http://www.bloomberg.com/news/2014-08-06/china-said-to-exclude-apple-from-procurement-list.html

政府関係者が匿名を条件に明らかにしたところによると、8月に入って更新された政府調達リストからはiPadやiPad mini、MacBook Proなどの合計10製品がセキュリティ上の懸念を理由として除外されており、この変更は共産党中央組織部、政府省庁、地方政府のすべてに適用されるということ。これらの製品は今年7月の時点ではリストに含まれていたことも明らかにされています。

中国政府はすでにシマンテックとカスペルスキーをソフトウェア調達企業リストから除外して、そのリストには国内のソフトウェアベンダーのみが登録されるという状況となっています。さらに2014年5月には政府内での「Windows 8」の使用禁止を決定しており、背景にはハッキングとサイバー諜報活動をめぐる中国とアメリカの対立があるものとみられています。2014年7月には国営放送局である中国中央電視台が「iPhoneを使用することで国家機密情報の漏えいリスクが高まる」と報じ、Appleがこれを否定するという出来事も発生していました。

By Filippo Minelli

この中国政府の決定についてUOBケイヒアン証券香港のアナリストMark Po氏は「国内企業および半行政機関にある種のシグナルを送ることになります。政府は、外国企業が中国国内で大きな影響力を持つことがないようにしたいと考えているようです」と語っています。

中国政府がコンピューターやスマートフォンにまつわる情報漏えいについて強い懸念を抱いていることは間違いないとみられ、中国科学院などが「独自」で開発したとされるマルチプラットフォーム向けのOSである「COS(China Operating System)」が発表されています。

中国が独自開発したOS「China Operating System」が発表される - GIGAZINE


政府調達リストの次回改訂日は2015年1月となっています。また、政府関係者によるとデル、ヒューレット・パッカード、そして中国系メーカーであるレノボは現状でもリストに含まれたままだとのこと。

この件に関するBloombergの取材に対し、Appleのスポークスマンはコメントを拒否。中国財務省および中華人民共和国国家発展改革委員会もFaxでの取材に対して回答を行っていません。

・関連記事
中国がシマンテックとカスペルスキーをソフトウェア調達企業リストから除外 - GIGAZINE

天安門事件から丸25年、中国ではGoogleへのアクセスが遮断される - GIGAZINE

中国政府がMicrosoftとAndroid端末メーカー間の極秘特許300件の内容を全公開 - GIGAZINE

「中国政府がMicrosoft Office使用を全面禁止」の報道をMicrosoftが否定 - GIGAZINE

政府内での「Windows 8」使用禁止を中国が決定、その理由とは? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logx_tm