乗り物

自動運転カーの導入に向けて公道走行テストが2015年1月から開始される

By Yaniv

Googleがハンドル・ペダルなしの新しい自動運転カーを開発したり、日産が自動運転カーの販売を2016年までに開始することを発表したりするなど、2014年は各社がこぞって自動運転カーに力を注いでいます。そんな中、イギリス政府は自動運転カーの本格的な公道走行テストを2015年1月から実施することを発表しました。

UK Government fast tracks driverless cars - Press releases - GOV.UK
https://www.gov.uk/government/news/uk-government-fast-tracks-driverless-cars

イギリス政府のビジネス・イノベーション・職業技能大臣であるビンス・ケーブル氏は自動運転カーの公道走行テストを2015年1月より、18カ月~36カ月の期間にわたって実施することを発表。自動運転カーの公道走行テストはイギリス国内の3つの都市で実施されることになり、イギリス政府はテストを実施する都市を現在募集中です。公道走行テストを行う3つの都市は、テストのために捻出された1000万ポンド(約17億3800万円)の予算を分け合うことになります。

また、イギリス政府は自動運転カー技術において世界をリードするべく、テストに合わせて現在の交通規制の見直しを2014年度末までに行うことを公表。交通規制の見直しは、「運転技術を持った人が自動/手動運転を切り替え可能な自動運転カーに道路交通法がどのように適用されるべきか?」「運転技術を持たない人しか乗車していない自動運転カーに道路交通法がどのように適用されるべきか?」という2つの観点に基づいて行われます。

By vic xia

ケーブル氏は「自動運転カーのテストを実施することで、イギリスは自動運転カーのパイオニア的な存在になり、イギリス経済への新しい扉を開くことになる」と発言し、テスト実施に大きな期待を寄せていました。

GoogleやAudi、TOYOTAや日産などが自動運転カーの開発・導入を進めていますが、政府の自動運転カーの安全性を疑問視する声が各社の足止めになっているのが現状。イギリスは政府が自動運転カーを推進することで、他国よりも早い自動運転カーの本格的導入を目指しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleのハンドル・ペダルがない自動運転カーの性能に圧倒されるムービーまとめ - GIGAZINE

Googleの自動運転カーは毎秒1GBのデータを処理、これがGoogleカーから見た世界 - GIGAZINE

Googleの自動運転カーほぼ完成、最初のドライバーを乗せて手ぶら走行中のムービー公開 - GIGAZINE

Googleの自動運転カーは複雑な交通状況の市街地でもすでに実用レベルの自動走行が可能 - GIGAZINE

自動運転カーは年間43兆円のコストと90%のけが人を減らせると試算される - GIGAZINE

2040年までに車の75%は自動運転カーになり道路交通システムは変化すると専門家集団が予測 - GIGAZINE

Googleの全自動運転カーが無事故で50万km弱を走行することに成功 - GIGAZINE

in 乗り物, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.