レビュー

CMYKカラーの濃度で数字や柄を見分けるトランプ「CMYK Playing Cards」


トランプというと色んな柄があっても書かれている数字などは同じものが多いのですが、数字や柄の代わりにCMYKモデルカラーの濃度でカードを見分けるのが「CMYK Playing Cards」です。他では類を見ないデザインになっており、使っていると人との差別化を図れそうです。

CMYK Playing Cards
http://www.hundredmillion.co.uk/HM-cmykcards.html

ということで、これがCMYK Playing Cards。パッケージはシンプルです。


箱の中からトランプを出してみます。


横から見てみたところ、シアン・マゼンタ・イエロー・ブラックできれいな4層になっていました。


トランプはこんな感じ。


裏面は繊細で美しいデザインが施されています。


CMYKの文字。


カードの大きさは63mm×88mmで、ポーカーサイズのトランプと同じ大きさとなっています。


紙はドイツ製のブラック・コア・ペーパーという頑丈なものを使用。加工がされており、表面は少しデコボコしていました。


これがシアン。


マゼンタ。


イエロー。


ブラック。


全4種類のエースには、それぞれのアルファベットの記載。


2~10のカードには数字ではなく各色の濃度が20%~100%まで表示されています。例えば以下は80%のシアン。


ジャック・クイーン・キングは濃度100%で同じデザインに見えて、それぞれラインの太さが異なります。


数字カードの他には以下の4種類が含まれていました。左から2番目は両面に同じ模様が描かれているもの。


すべてのカードを並べてみるとこんな感じ。七並べをやるとすごく見栄えがよさそうです。


実際にトランプを使っている様子は以下のムービーから確認可能です。

CMYKカラーで数字を表したトランプ「CMYK Playing Cards」 - YouTube


なお、CMYK Playing Cardsの価格は9ポンド(約1570円)で、日本から注文を行う場合、送料などを含めると全部で14.50ポンド(約2540円)です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
あなたの色彩感覚をテストできる「Online Color Challenge」 - GIGAZINE

Photoshopでやってしまいがちな12個の間違った使い方 - GIGAZINE

RGBではなく赤・黄・青の「RYB」カラーモデルで色を選択する方法とは? - GIGAZINE

デザインで絶対に「黒」を使ってはいけない理由とは? - GIGAZINE

マーケティングにおける色彩心理学の本当の使い方 - GIGAZINE

「信頼感の青」「安心できる緑」など色がマーケティングで果たす役割とは - GIGAZINE

イラストを狙った通りの印象に仕上げるポイントを300枚以上の作例を使い解説した「同人誌やイラストを短時間で美しく彩る配色アイデア100」 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.