ムービー

AndroidベースでありながらWindows Phoneみたいなスマホ「Nokia X2」を実際に使用したムービー


Nokiaは2014年2月にバルセロナで開催されたMWC 2014で、AndroidベースのOSを採用しつつも、ユーザーインターフェイスがWindows Phoneそっくりなスマートフォン「Nokia X」を発表しましたが、Nokiaの携帯電話事業の買収手続きを2014年4月に完了したMicrosoftがNokia Xの後継機となる「Nokia X2」を発表し、実際に使っている様子がわかるムービーを公開しています。

Nokia X2 Dual SIM - Mobile Phone with Skype - Nokia
http://www.nokia.com/global/products/phone/nokia-x2-dual-sim/

First hands-on with the Nokia X2 - YouTube


こちらがNokia X2でプロセッサーはQualcommのSnapdragon 200、メモリは1GBでストレージは4GBとなっています。


サイズは68.3×11.1×121.7mmで重量150g。本体は光沢のあるデザインになっていて、発売時にはまずブライトオレンジ・ブライトグリーン・ブラックの3色が展開され、その後にブライトイエロー・ダークグレー・ホワイトの3色が追加投入されることが発表されています。


ディスプレイは4.3インチで、下部には「戻る」と「ホーム」ボタンを搭載。


「戻る」ボタンを長押しすると……


使用中のアプリを表示する画面にアクセスできます。


こちらはWindows PhoneのUIそっくりなホーム画面。


ホーム画面で右から左にスワイプすると「アプリの一覧」を表示。


ホーム画面で左から右にスワイプすると、「Fastlane」が表示されます。


Fastlaneは頻繁に使うアプリや……


音楽再生のコントロールなどを表示して、コンテンツに素早くアクセスすること可能にしました。


Nokia X2にはボイスナビゲーションシステム搭載の地図アプリ「HERE Maps」がプリインストールされています。


Androidベースでありながら、「One Drive」や「Outlook」「OneNote」といった多数のWindows Phoneアプリをプリインストール。


背面カメラは500万画素でフロントカメラも搭載。


ディスプレイを上から下に向かってスワイプすれば、「Wi-Fi」や「Bluetooth」などにアクセスできるメニューを表示。


メニューが表示された状態で画面上部をタップすると、通知パネルを表示可能です。


Nokia X2は一台の端末で任意に回線を切り替えられるデュアルSIMスマートフォンになっています。


なお、Nokia X2は2014年第3四半期に発売開始される予定で、価格は99ユーロ(約1万3700円)です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
MicrosoftがNokiaの従業員向けに作成した秘密のマニュアル - GIGAZINE

4100万画素カメラを搭載したノキアのフラッグシップ端末「Lumia 1020」正式発表 - GIGAZINE

Nokiaの最新6インチフルHDディスプレイ搭載スマートフォン「Lumia 1520」がよく分かる写真いろいろ - GIGAZINE

ノキアが携帯電話事業で巻き返し、複数のWindows Phone 8端末も発表 - GIGAZINE

Windows Phoneにしか見えないAndroidベースのスマホ「Nokia X」 - GIGAZINE

Windows 95搭載のスマートフォン・Windows 95 PhoneをNokiaが発表 - GIGAZINE

Nokiaが独自OSを捨てWindows Phoneを選んだ理由とは? - GIGAZINE

in モバイル,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.