ネットサービス

なぜTwitter公式のGIFアニメーションはMP4に変換されているのか?


TwitterがGIFアニメに対応、iPhone・AndroidアプリからもGIFアニメが利用可能になったと発表されましたが、実はTwitter上で公開されているGIFアニメはGIFファイルではなくMP4ファイルになっています。なぜこんなことが行われているのか?ということで、埋め込みコードを作成するEmbedlyがブログでまとめています。

Embedly Blog, What Twitter Isn't Telling You About GIFs
http://blog.embed.ly/post/89265229166/what-twitter-isnt-telling-you-about-gifs

TwitterがGIFアニメ解禁、ということで、Twitter上にはさまざまなGIFアニメーションが投稿されています。例えば以下はマッチ売りの少女がテーマのGIFアニメーションを埋め込んだコザキユースケ氏の投稿。

しかし、アニメーションの上で右クリックしてみると「一時停止」「ミュート」「再生スピード」などのMP4ファイルのコントロールメニューが表示されました。


さらに、「動画のURLをコピー」選択してアドレスバーにペーストしてみると……


「https://pbs.twimg.com/tweet_video/BqeJ0QgCQAMlxyM.mp4」と表示されました。


ブラウザ上でファイルを開くと、音はミュートになっていますが、一時停止・再生メニューも表示されています。


実際にGIFファイルのアニメーションと、Twitter上で表示されているGIFアニメーションを比較してみると以下のような感じになります。

まずこれが実際にGIF形式のアニメーション。


そしてこれがMP4形式のTwitter式GIFアニメーション。


Embedlyによると、「なぜわざわざGIFファイルをMP4ファイルに変換しているのか?」ということには2つの理由があります。


まず、1つが画像サイズの問題。いくつもの画像を連続させて1つの動きを作っているGIFファイルは圧縮が難しく、同じようなアニメーションであってもGIF形式だと500KB、MP4形式だと100KB程度になることがあります。PCのブラウザ上で見てもファイルの重さを感じることができますが、モバイル端末でアニメーションを見た時、GIF形式とMP4形式の重さの違いはかなり大きいはず。TwitterはGIFファイルをMP4ファイルに変換することでユーザーが「重い」と感じないようにしているわけです。

また、GIFを静止画に変換する方法がないことはないのですが、ブラウザ上で動き続けるGIFアニメーションをウェブ上で静止させることはほぼ不可能。しかしMP4ファイルなら再生したり静止したりすることができ、「ここが面白い」と思ったらスロー再生することも可能なのです。

なお、GIFアニメーション画像を動いたままTwitter上に投稿できる「GIFMAGAZINE」の場合はMP4ファイルではなく、GIF形式のアニメーションを実際に埋め込んでいます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
再生中のムービーをクリック1つでGIFアニメ化できるChrome拡張機能「Animated Gif Capture」 - GIGAZINE

GIFアニメに少し細工すると突然奥行き感が増して立体っぽくなるテクニック - GIGAZINE

GIFアニメを簡単に作成&編集できるネットサービス「Animizer」 - GIGAZINE

アニメーションGIF・オブ・ザ・イヤーを決める「The .GIFYS」 - GIGAZINE

GIFアニメーション画像を動いたままTwitter上に投稿できる「GIFMAGAZINE」 - GIGAZINE

ユニークでシュールな雰囲気のGIFアニメーション画像いろいろ - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.