レビュー

カバンに入れて持ち運べてスマホと接続して使える超軽量・小型スキャナ「ScanSnap iX100」レビュー


273mm×36mm×47.5mmというコンパクトなサイズで重さはわずか400g、フル充電で260枚の読み取りが可能な高性能薄型バッテリーを搭載しており、Wi-FiでPCやスマートフォンと接続して簡単にスキャンを行うことができるのが「ScanSnap iX100」です。スキャナなのにカバンに入れて持ち運び可能で、外出先でも使えるようになっているとのことだったので、実機を借りてどんな物なのか試しに使ってみました。

ScanSnap iX100 : 富士通
http://scansnap.fujitsu.com/jp/product/ix100/



実際にScanSnap iX100でスキャンを行う様子は以下のムービーから見ることができます。

カバンに入れて持ち運べるスキャナ「ScanSnap iX100」を使ってみた - YouTube


これが到着した「ScanSnap iX100」


パカリ


中にはScanSnap iX100本体、USBケーブル、保証書・取扱説明書・セットアップDVD-ROMなどが入っていました。


これがScanSnap iX100本体。細長い形です。


サイズは273mm×36mm×47.5mmで、iPhone 5と比べるとこのくらい。


重さはわずか400g。高性能薄型バッテリーが搭載されており、コンパクトでありなからフル充電で260枚の読み取りが可能です。


女性の手でも軽々持てる重さになっています。


正面からみるとこんな感じ。


裏面には……


Wi-FiとWPSのボタンがついていました。


本体右端にはScan/Stopボタン。


側面にはMicro-USBポートがあります。


パカッと前面のカバーを開けると、ScanSnap iX100が起動しました。


Scan/Stopボタンは青く点灯。なお、Scan/Stopボタンの下にはWi-Fiと充電のインジケーターがあり、この時点ではWi-Fi接続されていないためWi-Fiインジケーターのライトは消灯、充電の残量は十分にあるので青く点灯しています。


全長273mmなのでカバンにらくらく入る大きさで、「スキャナを持ち運んで外出先で使う」というこれまでにはできなかった使い方が可能になります。


充電は付属のUSBケーブルを使ってPCから行えます。


充電中は右側のインジケーターがオレンジに点灯。


ScanSnap iX100はスマホアプリから使う方法と、PC上でソフトウェアを起動させて使う方法の2つの使い方が可能。ソフトウェアやアプリは以下のページからダウンロードできるのですが、PC版ソフトウェアは6月20日に公開されるとのことで、今回は付属のDVD-ROMからインストールします。

ScanSnap Connect Application : 富士通
http://scansnap.fujitsu.com/jp/feature/ssca-pc.html



DVD-ROMを読み込むと、以下のような画面が出てくるので、まずは「インストール」をクリック。


「ScanSnap」をクリックします。


今回はセットアップディスクからインストールするので、そのまま「次へ」をクリック。


「次へ」をクリック。


デフォルトで「標準インストール」が選択されているので、このまま「次へ」をクリックします。


「使用許諾契約の全条項に同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリック。


「次へ」を押すと、インストールが開始。


数分後、インストールが終了。「完了」を押すと……


以下のような画面が現れました。まず画面の指示通りにScanSnapとPCをUSBケーブルで接続してから「次へ」をクリック。


本体の給紙カバーを開けて電源をオンにして「次へ」をクリック。


準備中の画面が現れ……


タスクバーを確認し、「S」のマークに赤い斜線が入っていなかったら一番上のマークにチェックを入れ、「次へ」を押して進みます。


これで接続は完了。


さらに無線LAN接続の設定を行っていきます。


「次へ」をクリック。


ScanSnap iX100は既存の無線ネットワークを使用する方法と、直接ScanSnap iX100をPCと接続する方法の2種類が利用できます。


本体背面にあるWi-Fiスイッチをオンにして……


「次へ」をクリック。


「ScanSnapを無線で接続する時、無線アクセスポイント/ルータを使用しますか?」と尋ねられます。今回は直接本体と接続するので「いいえ」をクリック。


「ScanSnapとこのコンピュータを無線で接続するように設定を行いますか?」と聞かれるので「はい」をクリックします。


すると、ScanSnap iX100のネットワークが現れるので「接続」を押して……


本体裏面に書いてあるセキュリティーコードを入力後「OK」を押せば接続は完了。


正しく接続されると、Wi-Fiのインジケーターは緑色に点灯します。


ということで、実際にPCと接続して書類をスキャンしている様子は以下のムービーから。

カバンに入れて持ち運べるスキャナ「ScanSnap iX100」を使ってみた - YouTube


紙をセットし、右側のScan/Stopボタンを押すだけでスキャンが始まります。


書類の束を自動的に読み込むことはできないのですが、1度Scan/Stopボタンを押すと、もう1度押すまでは連続して次々と書類をスキャンすることが可能です。


A4カラー片面原稿を1枚あたり5.2秒でスキャン可能で、以下のような感じで画面に表示されます。


AndroidやiOSからでもアプリを使ってスキャンが可能になるということで、実際にAndroidアプリを使ってスキャンしてみました。

ScanSnap Connect Application - Google Play の Android アプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.fujitsu.pfu.ScanSnapConnectApplicationJP



まず始めにスキャナの給紙カバーをはずし電源をオンにした後、Android端末のWi-Fi設定からScanSnap iX100のネットワークを選択します。


インストールしたアプリを起動すると、ScanSnap iX100かその他のスキャナかを尋ねられるので「iX100」をタップ。


セキュリティーコードを入力して……


本体裏側に書いてあるパスワードを入力します。


接続先をScanSnap iX100にしたら……


設定完了。これがホーム画面です。正しくWi-Fi接続されていると、本体の充電インジケーターが現れ、スキャンマークが青色になります。


なお、設定から読み取り設定を変更することも可能。


ということで、実際にAndroidアプリと連動させてスキャナを使う様子は以下から。

スマートフォンアプリを使って「ScanSnap iX100」でスキャンしてみた - YouTube


スキャンが終了すると、ホーム画面にスキャンしたデータが並んでいく仕組みです。


さらに、ScanSnap iX100はサイズの小さな書類を同時にいくつもスキャン可能。スキャン後にトリミングなどをする必要もなく、すべて別々のデータとして記録されます。

1度にたくさんの名刺を「ScanSnap iX100」でスキャン - YouTube


なお、ScanSnap iX100は2014年6月20日から発売予定で、PFUダイレクトでの販売価格は税込2万2800円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
1分間に150ページを読み取れるDIYブックスキャナを作る一部始終を公開 - GIGAZINE

本をバラさず1分間に250ページスキャンできる超高速スキャナ「BFS-Auto」ムービー - GIGAZINE

本を裁断せずに非破壊でスキャンできるスキャナ「ScanSnap SV600」で実際に本をスキャンしてみました - GIGAZINE

4年ぶり最新モデル「ScanSnap iX500」超速攻フォトレビュー&スキャン速度比較ムービー - GIGAZINE

建物を丸ごと3Dスキャンしてハイクオリティな3DCGを作り出すエンジン「Thorskan」 - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.