無料でダウンロード可能な1日の食費を約400円に抑えるレシピ本「Good and Cheap」


栄養バランスが取れたおいしい食事を低コストで取ることができたら……という誰もが願うことをかなえるのが、「1日4ドル(約400円)で食事をする」ということを前提に作られたレシピ集「Good and Cheap」です。全レシピのPDFファイルが無料ダウンロード可能になっているのですが、現在さらに書籍版の出版費用が募られています。

Cookbooks — Leanne Cooks
http://www.leannebrown.ca/cookbooks

Good and Cheap: Eat Well on $4/Day (the PDF is free!) by Leanne Brown — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/490865454/good-and-cheap

著者であるLeanne Brownさんがなぜレシピを作るに至ったか、という経緯などは以下のムービー中で語られています。


この女性がBrownさん。ニューヨーク大学でフードスタディーを専攻していたBrownさんは「お金をかけずに作れる料理のレシピ本」製作に取りかかりました。誰でも安くおいしいものを食べたいものですが、Brownさんのターゲットとなっているのはアメリカの低所得者向け食料費補助対策フードスタンプの金券を受け取っている人々です。そのため、レシピは全て「1日4ドル(約400円)の食費で生活できる」ということを前提に作られています。


Brownさんが全レシピのPDFファイルをウェブサイトで公開しだすと、2週間あまりで9万ダウンロードを達成。あっという間に話題のレシピ集となりました。


レシピ集「Good and Cheap」はBrownさんのウェブサイトからダウンロード可能。

Cookbooks — Leanne Cooks
http://www.leannebrown.ca/cookbooks



「Download a PDF(free!)」をクリックすると、レシピ集のダウンロードが始まります。


実際にダウンロードしたPDFファイルの表紙はこんな感じ。


表紙の次には目次があり、イントロダクション・選択&価格・ポイントの後に「朝食」「スープ」「サラダ」「スナック&つまめるもの」「ハンドヘルド」というカテゴリーが並び……


続いて「夕食」「まとめて料理を作る」「主食」「飲み物」「デザート」「ソース&フレーバー」といった項目ごとに料理名が並んでいます。


「Pantry Basics」にはまず、日持ちがする常備野菜や果物について書かれています。いずれもスーパーで簡単に手に入る材料で、常備しておくことで毎日の料理を簡単かつすばやく行えるようにします。


また、「週単位で考える」「使い回せる食材を買う」など、買い物や食事のポイントについての記載もアリ。


まずは朝食のカテゴリから。レシピは文章のみで説明され、完成した料理の写真とセットになっています。


料理名の側には「何食分のレシピか」という記載。例えばトマト・スクランブルエッグなら、1つのレシピで2食分が作れます。


さらに、トータルの費用と1食あたりの食費も記載されています。トマト・スクランブルエッグは2食分で3.6ドル(約360円)なので、1食あたり1.8ドル(約180円)で食べることが可能です。


オートミールのアレンジレシピがいろいろ載っているかと思えば……


何枚も重ねられたバナナ・パンケーキのレシピも。これは1度に10~14枚のパンケーキが焼けるレシピで、トータルの費用は2.8ドル(約280円)、1食3枚程度食べる計算なのか、1食あたり0.8ドル(約80円)となっています。


サラダ編には豚肩肉を焼いたプルドポークを使ったタコサラダのレシピ。1食あたり2.6ドル(約260円)の計算ですが、低コストとは思えないほどおいしそう。


小腹がすいた時にぴったりなトーストのレシピ。


ナスとトマトのパスタは2食分で5ドル(約500円)で、1食あたり2.5ドル(約250円)です。


大量に作って1食あたりのコストを劇的に減らすという方法もあります。スパイシー・プルドポークのレシピは豚肩肉を使って一気に8~10食分を作ってしまうレシピになっており、これによってお肉を使った豪華なレシピでありながら1食あたり1.4ドル(約140円)に抑えることが可能。


デザート編からはピーチ・コーヒーケーキ。1食あたり0.75ドル(約80円)となっています。


トマトソースやサルサ・スパイスオイルといった、料理の幅を広くする「ソース&フレーバー」もあります。


レシピ内にある料理は低コストかつ簡単で、健康的な体を保てるように栄養バランスの取れたものとなっています。


「Good and Cheap」はPDFファイルが無料ダウンロードできるのですが、現在Brownさんは紙媒体のレシピ本を出版するための出資をクラウドファンディングプラットフォームのKickstarterで募っているところ。というのも、「Good and Cheap」はそもそもフードスタンプを利用している人向けなのですが、フードスタンプを利用している人はインターネット環境にないことが多く、レシピを届けることができないためです。


Kickstarterで20ドル(約2000円)の出資を行うと物理的な書籍になった「Good and Cheap」をゲット可能で、25ドル(約2500円)の出資を行うと「Good and Cheap」の書籍版をゲットできるだけではなく、「Good and Cheap」1冊を寄付できるという仕組みになっており、出資額を増やすことで寄付する本の冊数が変わるという、ちょっと変わった仕組みになっています。

なお、締め切りは日本時間で2014年7月14日(月)の午前10時です。

Good and Cheap: Eat Well on $4/Day (the PDF is free!) by Leanne Brown — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/490865454/good-and-cheap

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
サンドウィッチに秘められた力が目覚めるレシピ「本当に旨いサンドウィッチの作り方100」のサンドウィッチをいろいろ作ってみました - GIGAZINE

「森永ミルクキャラメルレシピ100」を使って豚の角煮・フレンチトーストなどの料理をいろいろ作ってみた - GIGAZINE

幻のカルピスバターを使ったレシピ「バターマニア」でバターづくしの料理を作ってみました - GIGAZINE

ボタン1つで自動真空調理法の極上料理が作れる料理グッズ「Anova Precision Cooker」 - GIGAZINE

自分で作った料理がイマイチな7つの理由 - GIGAZINE

家庭でもできるビッグマックの作り方をマクドナルドのシェフが詳細にレポートしたムービー - GIGAZINE

in 動画,   , Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.