試食

一人では食べきれない究極のデカ盛り丼「おとんありがとん丼」を食べてきた


時間無制限のとんかつ食べ放題定食を提供している吉兵衛(よしべい)が、6月15日の父の日に合わせてごはんを600グラム敷き詰め、玉子とじ・ソース・韓辛味噌マヨの3種類で味付けしたとんかつを載せた「おとんありがとん丼」を6月9日(月)から発売しました。前回のとんかつ食べ放題定食のクオリティがなかなかだったので、お店に行って食べてきました。

株式会社 吉兵衛|神戸三宮発の老舗かつ丼専門店 かつどん・よしべい
http://www.yoshibei.co.jp/index.html

かつ丼 吉兵衛 - タイムラインの写真 | Facebook
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=484500995018171

かつ丼 吉兵衛に到着。


お店の食券機を見ると……


おとんありがとん丼(税込1680円)を発見。ちょっと高い値段設定ですが、基本的には二人で食べるメニューで、特に親子で食べて欲しいとのこと。


壁にもポスターが貼られていました……


とんかつ食べ放題定食のポスターも貼られていました。


待つこと10分ほどで「おとんありがとん丼」が到着。丼にカツがてんこ盛り。


角度を変えて見るとこんな感じ。


中央に温玉


玉子とじされたかつ


半熟ではないものの、玉子がいい感じ。


ソースがたっぷりかかったかつ。


ソースには小さな粒が確認できます。


韓辛味噌マヨはネギがたっぷりかかっています。


韓辛味噌ソースとマヨネーズがたっぷり。


まずは衣に固めの食感が残っているうちに玉子とじを食べます。かつ丼のように出汁と玉子で味付けられており、出汁感がつよいものの塩分はやや薄めで、もうちょっとしょうゆが入ってもよさそうな味で関東風の味が好きな人は物足りないかも。和豚もちぶたは、やや油っこく感じられますが旨味がしっかりあります。


食べ始めると、本来ソースと韓辛味噌マヨの下にトッピングされる予定のキャベツが別添えで提供されました。入れ忘れたそうです。


温泉玉子は最後に食べるソースかつ丼のために、別のお皿に避難させておきました。


玉子とじの部分を食べ進めるとこんな感じ。


玉子とじのとんかつの上に、韓辛味噌マヨのかかったかつが載っかっています。


韓辛味噌マヨはマヨネーズのコッテリした味とコチュジャン風の辛さと味噌の甘味にネギが良く合った一品。ただ、一人で食べるにはちょっとしつこく、終盤で食べるのはやめた方が良さそう。


玉子とじと韓辛味噌マヨのとんかつを食べた後には、胃がかなりもたれてきたのでキャベツを食べます。


ついに韓辛味噌マヨも食べ終え、ソースのみに。


カツの下にごはんがギッシリ詰まっているのが分かります。


ソース味のとんかつは、最もベーシックで落ち着く味。とんかつの脂が多いので、もう少しソースがかかっていてもいいかもしれません。


どんどん食べようと思ったものの、30分ほどで完全に箸が止まってしまいました。


味を変えるために温泉玉子を投入。


玉子は固まるギリギリくらいの感じ。黄身が加わるとよりマイルドな味になりますが、脂がどんどん身体をむしばんでいきます。


残念ながらここで無念のギブアップ。


お店の人に頼むと、持ち帰り用のパックに詰めてくれます。持ち帰った分は、編集部員が美味しくいただきました。


おとんありがとん丼は今週末の父の日6月15日(日)までの販売。同じ吉兵衛の食べ放題定食のほうがオトク感がある気がしますが、ドカ盛りメニューハンターは行くべきです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
時間無制限でとんかつ食べ放題の吉兵衛「食べ放題定食」を食べてみた - GIGAZINE

「とんかつマックバーガー」は良くも悪くもマクドナルドっぽくない味 - GIGAZINE

「とんまさ」の全高25センチ・若鶏カツ定食にチャレンジしてきました - GIGAZINE

一生に一度は経験しておきたい「ブタの丸焼き」を注文して思う存分食べてみました - GIGAZINE

「森永ミルクキャラメルレシピ100」を使って豚の角煮・フレンチトーストなどの料理をいろいろ作ってみた - GIGAZINE

本当にド迫力で圧巻の二郎系冷やし中華を「千里眼」へ行って食べてきました - GIGAZINE

通常の4.5倍もあるギガントチャーハン・ギガント天津飯・ギガントラーメンを餃子の王将で食べてきました - GIGAZINE

リーズナブルな超絶大盛りメニューが出てくる「元祖がっつり亭」でガッツリ食べてきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.