ムービー

ライフジャケットなしの海がいかに危険なのかスクロールして追体験できるムービー


蒸し暑い夏は海水浴やマリンスポーツが気持ち良い季節ですが、毎年多くの人々が水難事故によって命を落としています。ライフジャケットの着用は、もしもの時の生存確率を大幅に上昇させることができますが、もしライフジャケットを着けずに溺れてしまったらどれほど危険なのか?ということがわかるゲーム風ムービー「Sortie en mer」が公開されています。

Sortie en mer
http://sortieenmer.com/

上記のリンクをクリックすると自動でムービーが開始します。フルスクリーンにしてヘッドホンを着けてプレイするとリアルな臨場感を味わうことができます。


ムービーはヨットでクルージングしている男性の目線で撮影されています。「なんて素晴らしい日だ!」と青い服を着たご機嫌の男性。


「少し舵を任せても大丈夫かい?」と、青い服の男性に尋ねると「もちろんさ!」と快諾。


舵を任せたのち、男性はセールを張るヒモを確かめに行きました。


上を確認すると、男性は「OH NO!」と慌て始めました。


「なんてこった。一体どうしたら……」と慌てる男性。「何があったんだ?」と青い服の男性が聞き返すも耳に入っていません。


一体何が起きているのか……と思っていると、青い服の男性が「気をつけろ!」と叫びますが……


なんとブームが青い服の男性に直撃。


視界は海に落ちてしまった男性に切り替わって真っ暗。「海面に出るにはスクロールし続けてください」とメッセージが出現。


何もしないでいると、右側のゲージがどんどん下がって死んでしまいます。助かるためにはとにかく必死でスクロール。


すると海面に顔を出すことができ、「ジュリアン!」と呼びかけるヨットの男性が見えます。ヨットに向かって「戻ってきてくれ!」と叫びますが……


ヨットはどんどん離れていきます。かなり海流が激しい様子。


必死に泳ぐも、何度も水中に入ってしまい……


海面に顔を出す度にヨットがどんどん離れていってしまいます。


「クソ……なんで戻ってこないんだ……」と悪態をついていますが……


もはやヨットの影も見えません。


またもやゲージが出現。高速でスクロールを繰り返してもゲージが赤いままで、泳ぐ力が衰えていることがわかり切実な緊張感が伝わります。


ここで男性は身軽になるために靴に手をかけ……


なんとか裸足になりました。


しかしこれが命とりになり、スクロールゲージは赤いままかなり下がっていきます。


この場面では手がつるほどスクロールしていますが、ほとんど上昇できません。


すると一瞬晴天が映し出され……


ぐるりと視界が海中へ。


何やら砂浜を走る細い足が見えて……


恋人なのか、ベッドに寝転ぶ女性の姿が見えます。


しかしこれは走馬燈。女性は恐怖の雄叫びを上げて……


気がつくと視界が反転しており、必死で海底を目指して泳いでしまいました。


カメラが動かなくなり、「あなたは2分28秒で溺死しました」というメッセージ。ほんの2分半では救助を待つにしてもかなり厳しい時間です。ここまでに本当に息がつまるような臨場感を感じました。


「海では、想像以上に素早くあなたの体力を奪われます」


「海に出かけるなら、必ずライフジャケットを着用して下さい」


なお、スマートフォンには対応していませんが、iPadでは再生可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
本当におぼれている人はおぼれているようには見えない、静かに沈んでいく人に気付くためのポイント - GIGAZINE

ダッチワイフにつかまって川下りをした若者、おぼれかけて救助される - GIGAZINE

フェリーから海へ転落した男性、「防水ケータイ」で一命を取り留める - GIGAZINE

初日の出を見に来ていた高校生が高波に飲まれる - GIGAZINE

サーファーがサメに脚を食いちぎられて死亡 - GIGAZINE

「日本最南端!八重山の海びらき 2014 in 西表島」に行ってきました - GIGAZINE

ガクブルしながら海に突撃する女児や少女たち、南紀白浜温泉 白良浜海水浴場海開きフォトレポート - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.