取材

撮影後のフォーカス変更・4Kムービー撮影可能な防水防塵の「Galaxy S5」速攻フォトレビュー


サムスン電子のスマートフォン「Galaxy」シリーズの最新モデル「Galaxy S5」が、2014年5月8日に開催された「au発表会 2014 summer」で発表されました。撮影後にフォーカスを変更可能な1600万画素のカメラや、電池残量が少ないときに活躍するウルトラ省電力モードなど、多くの魅力的な機能が搭載されています。

GALAXY S5(ギャラクシー エスファイブ) SCL23 | スマートフォン | au
http://www.au.kddi.com/mobile/product/smartphone/scl23/

こちらが「Galaxy」シリーズの最新モデル「Galaxy S5」です。


搭載OSはAndroid 4.4、メモリはROMが32GBでRAMは2GB。CPUは2.5GHzのクアッドコアを採用、電池容量は2800mAhで約1170分の連続通話が可能です。


Galaxy S5はシマリーホワイト・チャコールブラック・シャンパンピンクの3色展開で、シャンパンピンクはauのみのカラーとなっています。


本体サイズは73×142×8.3mmで重さが147g。約5.1インチのディスプレイ上部には約210万画素のフロントカメラが搭載されています。


前面下部には「指紋認証センサー」が搭載されていて、画面ロック解除やPayPalのオンライン決済に使用できます。


背面は革の質感を再現した素材が使用されていて、高級感たっぷり。


背面カメラは約1600万画素。


背面に下部にはスピーカーがついています。


天面にはイヤホンジャック。


底面にはUSB 3.0端子。


本体左側には音量調節ボタンのみ。


卓上充電器用の端子と電源ボタンが本体右側についています。


Galaxy S5を卓上充電器で充電中。なお、Galaxy S5のグローバルモデルには卓上充電器用端子は搭載されていません。


Galaxy S5の背面カメラには写真を撮影後に自由にフォーカスを変更できる「選択フォーカス」という新機能がついています。下記の画像では画像の手前にフォーカスが合っていますが……


「遠焦点」を選択すれば、画像の奥にフォーカスを合わせることが可能。


パンフォーカスは画面全体にフォーカスできます。撮影後にフォーカスを自由に変更できるのはかなり使えそう。


また、Galaxy S5のカメラには自然な明るさと色彩を再現するHDR機能も搭載。こちらは、HDR機能がオフの状態です。


HDR機能をオンにすると、先の画像では暗かった部分が明るくなり、全体の色が鮮やかになりました。


Galaxy S5では0.3秒の高速オートフォーカスを実現しており、指で画面をタップしたのとほとんど同時にフォーカスしてくれます。


Galaxy S5はフルHDだけではなく、4Kムービーも撮影可能です。


Galaxy S5の新機能の1つ「ウルトラ省電力モード」は、不要なデータ通信をカットし、画面を白黒にして電力消費の無駄をなくすというもの。


ウルトラ省電力モードをオンにすると、ディスプレイが白黒表示になりホーム画面には「電話」「SMS」「ブラウザ」「Eメール」という4つのアプリしか表示されなくなりました。


ウルトラ省電力モード中は、4つのアプリ以外に下記の画像のリストの中から2つだけアプリをホーム画面に追加できます。


使用するアプリを最小限にすることで、ウルトラ省電力モードでは電池残量が残り10%の状態でも、24時間くらいは待ち受け画面を表示できるとのこと。


Galaxy S5は防水防塵に対応。ディスプレイは耐指紋フッ素コート加工されていて、指紋などの油汚れが付きにくく、水をよくはじきます。


なお、Galaxy S5は2014年5月15日発売予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Galaxyシリーズ」にデータの閲覧・削除が可能なバックドアが発見される - GIGAZINE

サムスンGalaxy S4のセキュリティにデータ通信記録を許可するなどの脆弱性が指摘される - GIGAZINE

「Galaxy S5」は虹彩認証機能搭載&原点回帰したデザインになる可能性が明らかに - GIGAZINE

防水防塵で指紋センサー搭載、4Kムービーも撮影可能なスマートフォン「Galaxy S5」が登場 - GIGAZINE

腕時計型ウェアラブルデバイス「GALAXY Gear」が9月25日に3万円弱で販売スタート、実際に着用するとこんな感じ - GIGAZINE

in レビュー,   取材,   モバイル,   ハードウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.