試食

ガリガリ君の新味「アイスコーヒー」と2013年の大ヒット商品「キウイ」が発売されたので食べてみました


クレアおばさんのシチュー味」や「リッチ コーンポタージュ」そして「リッチ ナポリタン味」など、我が道を行くガリガリ君から新たに「アイスコーヒー」味が登場しました。コーヒー市場を盛り上げるため「飲む」から「かじる」アイスコーヒーを提案する、とのことなので、2013年大ヒット商品で今年も発売される「キウイ」味とあわせて食べてみました。

「ガリガリ君アイスコーヒー新発売!2013年大ヒット!ガリガリ君キウイも同時発売」|赤城乳業株式会社
http://www.akagi.com/news/2014/140424.html

上から「ガリガリ君アイスコーヒー」と「ガリガリ君キウイ」


まずは新商品の「ガリガリ君アイスコーヒー」から食べてみます。


パッケージのアイスコーヒーはミルクなしのシロップ入りっぽいイラスト。


カロリーは1本110mlあたり48kcal。


原材料は異性化液糖・砂糖・コーヒー・植物油脂・リキュール・香料など。


袋を開けて取り出してみると、アイスキャンディはブラックというよりミルクコーヒーのような色。袋を開けた時点でふわりとコーヒーの香りが漂ってきました。


食べてみると、口の中にコーヒーの強い香りが広がります。ほろ苦さはありますが、本格的なコーヒーというよりはコーヒー味のキャンディと似たような雰囲気で、甘さもしっかりあり、子どもでも食べられそうです。


ガリガリ君リッチのクレアおばさんのシチュー味リッチ コーンポタージュリッチ ナポリタン味は中にジャガイモやトマトやコーンの粒が入っていましたが、これはシンプルに氷のみ。おいしいのですが特に味の変化がなく薄く淹れたコーヒー味が続くので、途中で飽きてしまう編集部員もおり、中に練乳などを入れてほしかった……という意見も。


続いての「ガリガリ君キウイ」は2013年に発売し大ヒットしたもの。


キウイをすくって食べるガリガリ君がパッケージイラストになっています。なお、キウイフルーツ果汁は1%含まれているとのこと。


カロリーは1本110mlあたり69kcalと、アイスコーヒーよりは高め。


原材料は異性化液糖・砂糖・りんご果汁・キウイフルーツ果汁・ライム果汁・乳製品・リキュールなど。


パッケージを開けてみると、薄緑色のさわやかなアイスキャンディーが登場。


さっそく食べてみます。


サクッとかじってみると、さわやかなフルーツの香りが口いっぱいに広がります。サッパリしていて暑い日やお風呂上がりに食べると最高だろうな……と思うのですが、キウイかと問われると「?」という感じ。どちらかというと青リンゴのさわやかさで、そこに柑橘系のフレーバーを少し足したような味に仕上がっています。


これも特に中に具が入っているわけではなく、氷のみ。食べている間はあまりキウイっぽさを感じないのですが、食べ終わった後にウリのような、キウイ独特の後味が少し残っていました。キウイかどうかは食べた人の主観によりそうですが、さわやかなフルーツの味はどんどん暑くなってくるこれから季節に最適。大ヒット商品の再販というだけあって、「リピートしたい」という意見が多かったです。


なお、「ガリガリ君アイスコーヒー」と「ガリガリ君キウイ」はいずれも税抜き60円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ガリガリ君がスイーツとコラボした「ミルクたっぷりとろりんシュー味」を食べてみた - GIGAZINE

野菜やフルーツを非加熱殺菌の新技術でそのまま閉じ込めてお酒も使ったアイスキャンディー「PALETAS」 - GIGAZINE

チュッパチャップスを高速回転させ3倍サイズのアイスキャンディーが作れる「おかしなアイスキャンディー チュッパチャプス」試食レビュー - GIGAZINE

科学者と三ツ星シェフなどが科学と料理を融合して完成させた多角形アイスキャンディー「KYL21」 - GIGAZINE

ガリガリ君約1350本分に相当する値段の超高級アイスキャンディー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.