ムービー

割り箸のみでジャッキー・チェンの顔を作り上げるムービー


ジャッキー・チェンといえば、アジアだけでなく世界を代表する映画俳優で、60歳になった現在でも新人の育成に力を入れています。そんなジャッキー・チェンを割り箸のみで表現した作品を、中国系マレーシア人の若手アーティストHong Yiさんが作成し、その作成過程のムービーをYouTubeに公開しています。

Jackie Chan chopsticks portrait by REDhongyi - YouTube


割り箸を真剣な表情で見つめるHong Yiさん。


作業現場には、数え切れないほどの割り箸が用意されています。


割り箸1つ1つに紐を巻き付けて……


束にしていきます。この時点では1枚の絵になることは全く想像できません。


地道な作業を続け、割り箸をくくった束が増えてきました。


割り箸の束にさらに鉄製の糸を巻き……


巻き付けます。


鉄製の糸を巻いた割り箸を持ち……


一房ずつ、つるしていきます。


つるした割り箸を手で微調整するYiさん。その表情は真剣です。


4分の1程度割り箸をつるし終えると、ジャッキー・チェンの顔らしきものが出現。


別のアングルから見ると、顔には見えません。


半分が完成。ジャッキー・チェンの顔はほほ笑んでいます。


ひたすら箸をつるすという単純な作業を繰り返し、どんどん顔が作られていきます。


顔自体はほぼ完成。後は左端を埋めるだけ。


左端にも割り箸をつり終えました。


至近距離で見ると、まったくジャッキーの顔に見えませんが……


少し離れて見ると、しっかりジャッキーの笑った顔に見えます。


Hong Yiさんも満足げなポーズ。


Hong Yiさんとジャッキー・チェンが絵の前でポーズを取っています。


割り箸は薄い黄色っぽい色ですが、部屋を暗くして影を付けることによって、よりジャッキー・チェンの顔の表情が鮮明に浮かび上がりました。


Hong Yiさんはネスプレッソやベンツをクライアントに持ち、コマーシャルの分野でも活躍しており、自身のホームページに作品を公開しています。

野菜で虎の顔を作ったり


たくさんの靴下で、チャン・イーモウの顔を作ったり……


博物館に置かれるような立体造形物も作っており、ペンを持たないアーティストとして活動しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
一糸乱れぬバイクを使ったマスゲーム - GIGAZINE

世界最大規模を誇る、北朝鮮の一糸乱れぬマスゲーム「アリラン祭」 - GIGAZINE

ジャッキー・チェンが語る最も印象深い思い出はブルース・リーとの秘話 - GIGAZINE

ジャッキー・チェンのアクションスタント ベスト10ムービー - GIGAZINE

空高く舞い上がった2つの気球の間に張られた1本のロープを綱渡りするムービー - GIGAZINE

世界スタント賞は余興のスタントもスゴイ - GIGAZINE

車いすで華麗にスタントを決める驚異の少年、世界初の2回転バック宙返りを達成 - GIGAZINE

in メモ,   動画,   アート, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.