Suicaペンギンの焼き印が付けられたキュートすぎるパン「Suicaのペンギン ブリオッシュ」を食べてみました


JR東日本が発行する電子マネー「Suica」の生誕10周年を記念して、Suicaペンギンの焼き印が付けられたパン「Suicaのペンギンブリオッシュ」が期間限定で販売されているとのことなので、ゲットして食べてみました。

おすすめの新作パン | ペストリー&ベーカリーブティック 1F | 池袋でランチをするならホテルメトロポリタン【東京・池袋】
http://www.metropolitan.jp/restaurant/cakeb/calendar.html

Suicaのペンギンブリオッシュは、池袋駅西口徒歩5分のホテルメトロポリタンで販売されています。


ホテル1階の「ペストリー&ベーカリーブティック」に到着。


レジの横にSuicaのペンギンブリオッシュがラスト2個残っていました。Suicaのペンギンブリオッシュは1日20個しか販売されず、1人限定2個までとなっており、早いときは午前中で売り切れるとのこと。


Suicaのペンギンブリオッシュは、透明のパッケージに包まれています。


「ありがとう10周年Suica電子マネー」というタグ付き。


大きさは一辺が約5センチのサイコロ状。手のひらに載せると非常に小さいことが分かります。


重さは意外と重く43g。


底には賞味期限が記されています。賞味期限は翌日まで。


パッケージから取り出すと、思わず「カワイイ」と言ってしまうほど。


焼き印のペンギンは何ともキュート。


側面はこんな感じに渦を巻いています。


黒色の生地にはココアが使用されており、ピスタチオでSuicaカラーの緑色を表現。


中に赤く見えるのはフランボワーズ(ラズベリー)


包丁を入れると……


こんな感じで中までしっかりシマシマ模様。


もう一度半分に切って……


さらに半分に切って、一口サイズのサイコロにしてからパクリ。濃厚なバターの味と、ピスタチオの風味が非常に印象的。


生地と生地の間にピスタチオがたっぷり敷き詰められていました。


フランボワーズも存在をしっかりアピール。サイズは小さすぎるくらいですが、パン自体はしっかりした味でした。


なお、Suicaのペンギンブリオッシュは、1個250円(税込)で、2014年4月20日(日)までの期間限定商品です。

・関連記事
月に1度だけ限定の超高級食パン、山崎パン「ゴールドソフト」を食べてみた - GIGAZINE

初音ミクの持つあのネギをイメージした「ネギみたいなパン」を食べてみた - GIGAZINE

2000枚のパンを焼いた末に「最高のトーストを作るための方程式」を発見 - GIGAZINE

実際に食べることもできるパンで作られたイスとテーブル - GIGAZINE

SuicaやICOCAなどの電子マネーカードの残高・利用履歴が一発で見られる「EMoneyReader」 - GIGAZINE

77

in 試食, Posted by logv_to