ムービー

映画「ファイト・クラブ」をファイナルファイトっぽく8ビット化するとこうなる


映画「アイアンマン」や「ブレードランナー」など、過去の名作映画を次々にファミコン風に8ビット化してきたCineFixが、今度は映画「ファイト・クラブ」を、ファイナルファイトのようなベルトスクロールアクションゲームにしたムービーを公開しています。

Fight Club - 8 Bit Cinema - YouTube


スタート画面はこんな感じ。


ムービーが始まると、エドワード・ノートン演じる主人公とブラッド・ピットが演じるタイラー・ダーデンのバトルが始まります。


映画と同じように主人公に耳を殴られ「耳を殴ったな!」と叫ぶタイラー。


すぐにラウンド2の開始。


主人公を蹴りあげるタイラー。


主人公はひざ蹴りで反撃しますが……


最後はアッパーカットで主人公がノックアウトされて、タイラーの勝利。


バトルが終わると、主人公はボーナスステージである氷の世界へ移動します


ボーナスステージは、氷の上を滑るペンギンを動かしながら進行。


最後にマーラを発見してボーナスステージは終了です。


バーに現れた主人公とタイラー。


主人公とタイラーはバーで立ち止まることなく裏口へ直行します。


映画と同じようにバーの地下室ではファイト・クラブが開催されていました。


ファイト・クラブのルールその1「ファイト・クラブのことを決して口外するな」


屈強な男たちがバトルを繰り広げ……


バトルに勝利した黒人男性が「素晴らしい戦いだった。来週も同じ時間でいいか?」とコメント。


ファイト・クラブのステージが終了すると、再びボーナスステージが始まります。ボーナスステージは上から落下してくるピンク色の液体が入った袋を、タイラーを操作してキャッチするというもの。


落下してくる袋のうちいくつかはアルカリ性の液体が入っていて、タイラーがダメージを受けることもあります。


ボーナスステージが終わると、「爆弾を作りました!」とメッセージが表示されました。


突然タイラーが現れて「彼女をいかせたいか?」と主人公に語りかけると……


マーラが現れて主人公を一撃でノックアウト。


場面が変わり、バーのオーナーであるルーが地下室で行われているファイト・クラブを発見します。


ルー対タイラーのバトルが勃発。


危なげなくタイラーが勝利します。


またもや始まるボーナスステージ。


主人公が洗車している男性に水をかけられ……


一瞬で殴り倒します。


どのあたりがボーナスなのかはわからないまま、ボーナスステージは終了。


最後に主人公は、自分の別人格であるタイラーと対決します。


主人公はタイラーに跳び蹴りを食らわそうとしますが、タイラーは姿を消して回避。


反対にタイラーにボコボコにされる主人公。


膝蹴りを食らい……


ヘッドバットでKOされる主人公。


そして、映画と同様に2人は高層ビルの屋上へ戦いの場を移動します。「精神をコントロールするんだ」とメッセージが表示されて……


スーパーファミコンのコントローラーが現れ、指示通りにボタンを押すと……


「成功!!」


そして主人公は自分の喉に向かって銃を発砲します。


主人公が倒れ込むと同時にタイラーも地面に倒れ込んでしまいました。


マーラが登場して、ビルが倒壊し始めクライマックス。


ゲームが終了したと思いきや太った男性が走ってきて……


後ろから飛んできたモノが頭にぶつかり死亡。


死亡した男性は、ミート・ローフが演じるロバート・ポールセンでした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
60秒で名作映画「ファイト・クラブ」のあらすじが大体わかるアニメーション「Speedrun: Fight Club in 60 seconds」 - GIGAZINE

ソニック・ザ・ヘッジホッグを自作ゲーマーが8ビット化、Atari2600で復活作業中 - GIGAZINE

ベーコンからできる自家製の石けん「ファイトクラブソープ」の作り方 - GIGAZINE

SF映画の金字塔「ブレードランナー」をファミコン風の8bitにするとこうなる - GIGAZINE

使徒を集めるジーザスの冒険を10秒にまとめた超速8ビット風Flashゲーム「Run, Jesus Run!」 - GIGAZINE

ロックマンっぽくアイアンマンをファミコンゲーム風にした「8-bit Cinema: Iron Man in 60 Seconds」 - GIGAZINE

1000人以上の大集団で枕投げファイトクラブ - GIGAZINE

in 動画,   映画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.