ムービー

あまりにも壮大すぎるヨセミテ国立公園の自然を体感できる「Yosemite HD II」


ヨセミテ国立公園はアメリカのカリフォルニア州中部にある国立公園で、ユネスコの世界遺産にも登録されています。Colin DelehantyさんとSheldon Neillさんはこのヨセミテ国立公園を200マイル(約322キロメートル)にも渡りトレッキングしながらムービーを撮影しまくり、そしてタイムラプスムービー「Yosemite HD II」を作成してVimeoにて公開しています。

Yosemite HD II on Vimeo


ムービーはヨセミテ国立公園の夜の様子から始まります。


建物から漏れる明かりよりも、星明かりの方が強め。


場所ごとに異なる印象の夜空が広がります。


青めの夜空だったり……


空よりも雪山の方が明るかったり。


こんなにたくさんの星空が見える場所はそうそうないはず。


天の川もくっきり。


そして辺りはほんのり明るくなってきます。


キラリと光る朝日。


太陽が昇りヨセミテ国立公園の朝がやってきました。


違う場所からも朝日をパシャリ。


日中はこんな感じ。


世界最大の1枚岩であるエル・キャピタン。


下から見上げるとこんな感じ。


山の上から見える景色はまるでCGで作成された映像のように迫力満点。


ヨセミテ国立公園内の湖もいくつか撮影されています。


ゴツゴツの岩山が広がる地帯も。


人がいるところもあります。


ここから登ってきたのでしょうか?


もくもくと雲が広がる空。


ヨセミテ国立公園の面積は3081平方キロメートルもあるので、雪の積もっているところもあります。


もちろん曇り空の日も。


ヨセミテ国立公園の夕焼け空はとても幻想的。


太陽の高さで自然の印象はガラリと変わります。


一風変わった赤紫色の空。


そして夕日も沈んできます。


ヨセミテ国立公園内を流れる滝。


雪山パート2。


ふぶいて前が見えなくなることも。


ものすごい霧で前が見えなくなることもあります。


これはヨセミテ滝。


滝の下には虹ができています。


黄金に光り輝く大地。


再び日は沈んでゆき……


またヨセミテ国立公園に夜が訪れました。


このムービーを撮影したColinさんとSheldonさんが使用した機材は、キヤノンのEOS 5D Mark IIIタイマーリモートコントローラーTC-80N3、レンズはEF16-35mm F2.8L II USMEF 70-200mm f/2.8L IS II USM。他にもソニーのNEX-FS700JK、Dynamic PerceptionのSTAGE ONE DOLLY、Alpine LabsのRadian、VanguardのAlta Pro 253CT、F-STOP GEARのICU、The LEE Camera Filters Systemの9 ND GRAD

2年前に公開された「Yosemite HD」というタイムラプスムービーもあり、これもヨセミテ国立公園を撮影したムービーとなっています。

Yosemite HD on Vimeo

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アルゼンチンの大草原に生きるアルマジロがキモかわいい - GIGAZINE

標高8850mのエベレスト山頂からベースジャンプする様子をライブ中継へ - GIGAZINE

史上最大の「ルナ・インパクト」で月面に巨大な光が発生する瞬間をとらえた貴重なムービー - GIGAZINE

RGBカラー209万7152色を1枚の画像に入れるとこうなる - GIGAZINE

人工衛星からの映像をリアルタイムで見ることを可能にする「Skybox」 - GIGAZINE

「ジュラシック・パーク」の施設管理システムを操作している気分が味わえる「Jurassic Systems」 - GIGAZINE

in 動画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.