メモ

Bitcoin投資に先陣を切った投資会社が多額の損失を出したことが判明

By BTC Keychain

2014年2月28日に民事再生法の適用を申請したBitcoin(ビットコイン)大手取引所のMt.Gox(マウントゴックス)の事実上の破産騒動によって仮想通貨ビットコインの取引市場の動揺は続いています。そんな中、他社に先駆けて、ビットコインへの投資を積極的に進めてきた投資会社が4億円近い損失を出したことが明らかになりました。

FIG-2013.12.31-10K
http://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1380393/000138039314000005/fig-20131231x10k.htm

Fortress Discloses a Paper Loss on Bitcoin - NYTimes.com
http://dealbook.nytimes.com/2014/02/28/fortress-discloses-a-paper-loss-on-bitcoin/

アメリカ・ニューヨークに拠点を構える投資会社Fortress Investment Group(Fortress)が、ビットコインへの投資で370万ドル(約3億8000万円)の損失を出していることが同社が証券取引委員会に提出した資料の中で明らかになりました。なお、Fortressは2013年に2000万ドル(約20億3000万円)以上の大金をビットコイン投資につぎ込んでいたことも判明しています。

Fortressは、ウォール街の金融業界の中でも、早くからビットコインへの投資を行っていることが噂されており、会社の幹部もビットコインへの関心を否定していませんでした。大手投資会社のFortressがビットコインへの投資を行っているという噂によってビットコインへの注目が高まりましたが、まだ足場固め段階にあるビットコインは、そのあまりにも激しく変動する取引価格もあって投資銀行はもちろんヘッジファンドでさえ投資をためらう存在でした。

By BTC Keychain

今回のFortressのレポートによって4億円近い損失を出したことが判明したビットコイン投資ですが、これはFortressの投資総額である26億ドル(約2640億円)の1%にも満たない金額であり、また現在、Fortressがどれくらいビットコインへの投資を継続しているのかは不明です。しかし、Wedbush証券のギル・ルリア常務取締役によると、Fortressがビットコイン投資への道を開拓した功績は大きく、Fortressがビットコイン投資を商品として投資家に販売する可能性も十分あるはずとのこと。

Mt.Goxの破綻はあくまで同社の管理上の不備であってビットコインの仕組み自体の信頼性はまったく揺るぎないことから、混乱する市場に乗じてここぞとばかりにビットコイン投資へ参入するヘッジファンドが現れたとしても不思議はありません。Fortressによるビットコイン取引の存在が明確になったことによって、生き馬の目を抜くウォール街で、いよいよビットコインへの投資が本格的に始まるのか、注目です。

・関連記事
仮想通貨「Bitcoin」とは一体何か、どういう仕組みかが一発で分かるまとめ - GIGAZINE

民事再生手続きを申請したMtGoxにまつわるトラブルと今後のBitcoin - GIGAZINE

世界各国・地域の政府機関のBitcoinに対する姿勢・方針はどんな感じなのか? - GIGAZINE

Bitcoinの通貨価値は1BTC=13万円が妥当とバンクオブアメリカが発表 - GIGAZINE

Bitcoinの自動販売機がアメリカに初登場、Bitcoin用ATMも設置予定 - GIGAZINE

世界初の「保険付き」Bitcoin保管サービスが登場 - GIGAZINE

Bitcoinが史上最高値を更新、相場の行方は中国が握っていることが判明 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logv_to