取材

360度どこから眺めてもとにかくスペシャルなフィギュア「カイト胸像」


.hack」に登場するキャラクター「カイト」の顔面の造形に、これでもかという位にこだわりまくったフィギュアが「カイト胸像」です。これは第27期ワンダーショウケース(WSC)に選出された作品で、「360度ぐるっと1周させながら眺めてもまったく破綻しない立体感に溢れる造形は、第一線で活躍しているプロの原型師にこそ凝視し驚愕してほしいポイント」とWSCのスタッフが紹介する程の出来栄えに仕上がっています。

Wonder Showcase Officail Web Site
http://www.wondershowcase.com/wsc_archives/wsc070_new.html

これが「カイト胸像」。


このフィギュアの製作者である蒼炎の人形師さんは、そのモデリングネームを見れば「分かる人には分かる」ように、.hackシリーズに登場するカイトの大ファン。このキャラへの愛が注ぎ込まれた顔面の造形は「掛け値なしにスペシャルなもの」とWSCの作品紹介ページに書かれるほどで、これがWSC選出理由にもなっています。


右から見ても……


左から見てもその表情に崩れなどは一切なく、どこかさびしげな表情で「本当にフィギュアか?」と疑いそうになる出来栄え。


後ろ姿はこんな感じで、毛束を1つ1つがとても繊細。


なお、キット販売窓口はこんな感じで、ワンフェス会場特別価格は9800円(税込)、ワンフェス以降の一般小売価格は1万2000円(税込)となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2014[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

ダンボーがわずか3cmになった「ダンボーストラップ」は小さくても頭と両腕がちゃんと動く - GIGAZINE

「ジョジョの奇妙な冒険」のジョナサン&ディオからシュトロハイムやペッシまであらゆるキャラが立体化 - GIGAZINE

「孤独のグルメ」の主人公「井之頭五郎」がfigma化、あの名台詞と名シーンを好きなだけ再現可能 - GIGAZINE

ターミネーターの本当に動かすことが可能で内蔵カメラによって視界も再現したヘッド部分がワンフェス会場に登場 - GIGAZINE

「艦これ」のある意味で実物大の「大和」コスプレがバンダイブースに出現 - GIGAZINE

「キルラキル」纏流子が片太刀バサミを構えた躍動的な姿を立体化 - GIGAZINE

「人類は衰退しました」の「妖精さん」たちがダンスしたりおかしを食べまくったりしておともだちになるため立体化 - GIGAZINE

「くたばれ、ブリキ野郎」チェインバーが最終決戦時のフル装備で登場 - GIGAZINE

艦これカレーやボーキサイトまんじゅうなどが揃った「WF酒保祭り!~艦これ味の市~」 - GIGAZINE

「進撃の巨人」のリヴァイ兵長・エレン・ミカサなど調査兵団が立体機動しまくる勇姿を立体化、超大型巨人のリアルさも尋常ではないレベルに - GIGAZINE

島風・伊58・金剛・赤城など「艦これ」の艦娘を可愛く立体化したねんどろいどなどいろいろ - GIGAZINE

名探偵コナンの「江戸川コナン」と、あの「黒い人」がfigma化 - GIGAZINE

視線誘導されそうにない黒子テツヤと躍動感あふれる火神大我がフィギュア化 - GIGAZINE

「進撃の巨人」の超大型巨人をテディベアにするとこうなる「[email protected] 超大型巨人 400%」 - GIGAZINE

「ふなっしー」がfigmaになって2014年発売予定 - GIGAZINE

「3月のライオン」のひなとモモが、ほんわか雰囲気を醸し出しまくりながら立体化 - GIGAZINE

in 取材,   アニメ,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.