試食

うずら卵が入った炭火やきとりの缶詰「とりたま たれ味」を食べてみました


国産鶏肉を炭火で焼き上げ、濃厚で甘い醤油ダレと合わせたホテイフーズの「やきとり たれ味」にうずらの卵をつけたのが「とりたま たれ味」です。おつまみやご飯のお供、お弁当のおかずとしても使える便利缶詰になっているということで、実際に購入して食べてみました。

とりたま たれ味 GF3号
http://www.hoteifoods.co.jp/katei/meat/12.html

これがとりたま たれ味。


たまごの入っていないやきとり たれ味とどう違うのか?ということで、やきとり たれ味も購入。


とりたま たれ味のカロリーは161キロカロリー。やきとり たれ味は134キロカロリーなので、カロリーは通常版より少し高めになっています。


原材料は鶏肉・うずら卵・醤油・発酵調味料など。


うずら卵入りのとりたま たれ味を開封します。


中はこんな感じ。


やきとり たれ味と、とりたま たれ味を比較してみると、なんとなくとりたまの方が隙間が多いように見えますが、内容の固形量は両方60gとなっています。


お皿に盛りつけてみました。


とりたま たれ味にはうずら卵が2個入っています。もちろんこのまま食べてもいいのですが……


せっかくなので、電子レンジで温めます。なお、電子レンジで温めるとウズラ卵が破裂することがあるので注意してください。


温めるとゼリー状だったタレが溶けて液状になりました。


炭火で焼き上げているため、鶏肉には焦げ目がバッチリついています。


うずらたまごに焦げ目はなく、つるんとした見た目。


かじってみると、白身だけではなく、黄身にまでタレの味がしっかりしみこんでいます。甘い醤油ダレと滑らかな黄身がよくマッチしており、おつまみとして最適。


もちろん鶏肉も甘辛しょうゆが染みていて安心のおいしさ。ほのかに炭の香りを感じます。


これはごはんが欲しくなる味!ということで、ごはんの上にどーんと載っけて食べてみます。


おつまみとして食べてもOKですが、うずら卵もしっかり味がついているので温かいご飯とタレを絡めて食べても間違いなくおいしいです。


なお、とりたま たれ味の価格は税別180円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
約20倍のジャンボサイズのホテイ「やきとり缶詰」はとても一人では消費しきれない量だった - GIGAZINE

焼き鳥50本分のボリュームで1日1羽限定提供の「七面鳥丸やきとり」を食べてきました - GIGAZINE

一日2本限定・長さ1メートル重さ1.2キロの「メガやきとりII」を食べてきました - GIGAZINE

家でお店レベルのおつまみがすぐに食べられる「天の橋立オイルサーディン(まいわし)」試食レビュー - GIGAZINE

缶詰のおつまみ「缶つま」の厚切りベーコンのプレーン味とハニーマスタード味を食べてみた - GIGAZINE

強めのピリッとした塩辛さで、おつまみとして本領発揮な「おつまみベーコン」を食べてみた - GIGAZINE

居酒屋っぽいおつまみの味を家でも手軽に味わえる「とり軟骨」&「いか軟骨」を食べてみた - GIGAZINE

トリュフ味やラズベリー味などおやつにもおつまみにもなるポップコーン「KuKuRuZa popcorn」を食べてきました - GIGAZINE

丼にも合うというおつまみ「鶏もも焼き」を使って焼き鳥丼を作ってみた - GIGAZINE

ちょっと上品な感じだけど手軽な缶詰おつまみ、マテ茶鶏のオリーブオイル漬けを食べてみた - GIGAZINE

おかずでもおつまみでもOKな「遠州大吉屋の黒豚加工食品」をムシャムシャと食べ尽くしてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.