メモ

2014年のセンター試験の問題に「手塚治虫」が自身の漫画と一緒に登場


大学入試の問題に「週刊少年ジャンプ」が登場したことがありますが、1月18日からスタートしたセンター試験の日本史Bの第6問では「手塚治虫とその時代」と題した問題が計8問出題されたようです。

センター受験生のツイートで手塚治虫さんがセンター試験の問題に登場したことが発覚。

出題された問題はコレ。


日本史Bの大問1つが丸々手塚治虫さんに関する問題となっており、センター試験解答速報によると設問数は8、配点は23点とのこと。問題は第2次世界大戦末の日本の情勢について出題されており、問題文の下に載っている漫画は、当時漫画に打ち込む中学生だった手塚治虫さん自身の姿が描かれた紙の砦の1コマです。

・関連記事
センター試験解答速報の公開が開始される - GIGAZINE

なんと京都芸大の入試に「週刊少年ジャンプ」が登場、その裏事情と真の意味を探ってみました - GIGAZINE

手塚治虫・宮崎駿・鳥山明・大友克洋など100種類の絵柄で描かれた自画像 - GIGAZINE

白いライオン・レオが活躍する手塚治虫の名作「ジャングル大帝」、2009年夏に新シリーズがテレビアニメ化 - GIGAZINE

in ピックアップ,   メモ, Posted by logu_ii