メモ

10代の妊娠はリアリティ番組によって減少するのか?

by Marc-Olivier Maheu

予期せぬ妊娠をしてしまった16歳の女子高生ジュノの9カ月を描いた映画「JUNO」はアメリカで大ヒットしましたが、実際に10代で妊娠した少女たちを追ったリアリティ番組の「16 and Pregnant」や「Teen Mom」も「10代の少女による妊娠を防ぐための最もすばらしいパブリック・キャンペーンの1つ」と言われるほどの人気となっています。しかし、実際に少年少女たちを対象に調査を行ったところ、番組の内容が非現実すぎて妊娠を避けるどころかその反対である、ということが判明しました。

Study: Heavy viewers of 'Teen Mom' and '16 and Pregnant' have unrealistic views of teen pregnancy: IUB Newsroom: Indiana University
http://news.indiana.edu/releases/iu/2014/01/16-and-pregnant-teen-mom-shows-encourage-teen-pregnancy.shtml



Teen Mom Study | Wellesley College - Wellesley College
http://www.wellesley.edu/news/journalists/teenmomstudy



アメリカでは2008年から2011年にかけて10代の出産が突然減少するという事態が発生しており、当初は不況が原因だと考えられていましたが、その後、リアリティ番組が原因となっているという研究結果が発表されました。例えば18~24歳の女性のうち、これらの番組の有名なエピソードを見たことがある人は8%でしたが……


番組を見ている10代は約71%で、テレビ番組の中でも「最も人気」と評されていました。


ソーシャル・メディアを調べた結果、「16 and Pregnant」は10代の少年少女の持つ妊娠への考えを変えたということが判明。Twitter上の「#16 and Pregnant」というタグを見ることが産児制限の最善方法となっていました。


1991年から2008年にかけて10代の出産率は平均2.5%ずつ減っていっていました。


しかし、番組が放送された2008年から2012年には減少幅が7.5%ずつに大きくなっています。


減少の背景に何があるのか?というと、57%を占める景気衰退のほか、「16 and Pregnant」が原因となる要素の32%であることが判明したわけです。


しかし、今回研究を行ったインディアナ大学ブルーミントン校のNicole Martinsさんとユタ大学のRobin E Jensenさんによると、このような番組をよく見ている視聴者は「10代の母親でも十分に収入があり、父親もいて、うらやましいくらいの生活を送っている」と信じている傾向にあるとのこと。2人が185校の高校生を対象にリアリティ番組と10代の妊娠についての調査を行ったところ、リアリティ番組をフィクションではなく「現実」として見ている10代の少年少女たちは特にこのような考えを持ちやすく、10代の母親であっても簡単に保育所を見つけられるため学校や仕事に出かけられ、自分自身に時間を割き、たやすく高校を卒業できると考えてしまうということが分かりました。少年少女の中には「番組は物語やドラマを作るために目的とする方向に向けて脚色され、編集されている」ということを理解していないこと子どももいるのです。

今回の調査の対象となったうち80%の少年は「16 and Pregnant」や「Teen Mom」を見たことがなかったのですが、58%の少女は時々・あるいはいつも番組を見ていると解答。少年よりも少女の視聴者が多かったのですが、番組が子どもに与える影響について男女差はなかったとのこと。

2人の研究者たちは、「これらの番組を頻繁に見ることは視聴者に10代の母親に対する非現実的な考えを抱かせる可能性がある」とMass Communication and Society誌に記述しており、このような考えを持った結果、10代の少年少女たちが危険な性行為を行う可能性もあると指摘しています。

by Brandon Warren

10代の母親が厳しい現実に直面するという点に焦点を当てていた「16 and Pregnant」とは異なり、「Teen Mom」の中には少女たちがセレブリティの中に仲間入りし、雑誌の表紙を飾って終わるというシリーズもありましたが、現実の10代の母親にそんな余裕はありません。Teen Momの主演陣は年に6万ドル(約620万円)以上を受け取っていると推定されていますが、現実の10代の母親の半数は高校の卒業に失敗し、親になってから15年の間に受け取る年収は平均6500ドル(約70万円)であるという調査結果も出ています。しかし、少女たちは名声やステイタスに憧れを抱きやすく、番組に映る厳しい現実よりも華やかな側面にばかり目を向けてしまうのです。

アメリカでは17人の女子高生が集団で妊娠するなど10代の妊娠は社会問題にもなっていますが、今回の研究については「番組を現実と勘違いしていたからといって、ただちにそれが現実の妊娠と結びつくわけではない」という疑問の声も投げられています。リアリティ番組が10代の妊娠を防止しているのか推進しているのかについては、今後さらなる調査を要しますが、アメリカにおける10代の母親を題材にした番組は今だ人気で、今後も放送される予定となっています。

なお、日本では現在以下から「Teen Mom」を見ることが可能です。

Teen Mom ~ママ1年生~ 話数限定|無料動画 GyaO!|ドラマ
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00865/v00157/


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「望まれない妊娠」を防ぐために保健団体がとった「最終手段」とは - GIGAZINE

9歳の少女、性的奴隷として1日で60人の男性と売春させられる - GIGAZINE

10代の学生が携帯電話を使って性的に露骨な写真を送信する割合 - GIGAZINE

「セクスティング」でティーンエイジャー3人が起訴、懲役20年&「性犯罪者」リスト入りか? - GIGAZINE

大人になると忘れがちな、10代の少年少女が言えないでいる10個の考え - GIGAZINE

現代の少年少女の犯した若気の至りはその後一生ついてまわる - GIGAZINE

なぜ10代の少年少女は中二病のような愚かなことをしてしまうのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.