メモ

秘密研究施設Google Xと政府機関がバイオセンサー関連で極秘会合を実施か

By Σπύρος Βάθης

Googleには「Google X」と呼ばれる秘密研究施設があり、これまでにも自動運転カーGoogle Glassの開発を手がけてきました。そのGoogle Xの研究員とアメリカ食品医薬品局の職員が極秘裏にミーティングを行っていたことが、Bloombergによって報じられています。

Google X Staff Meet With FDA Pointing Toward New Device - Bloomberg
http://www.bloomberg.com/news/2014-01-10/google-x-staff-meet-with-fda-pointing-toward-new-device.html

Bloombergによると、会議に参加したGoogle Xの研究員の中には、生体システムを利用したバイオセンサー搭載のコンタクトレンズの特許を保有するBrian Otis氏が含まれており、アメリカ食品医薬品局の職員からは、目や心臓病の治療器具の規制管理を専門とした人物が会議に参加していたようです。

Bloombergは、アメリカ食品医薬品局のパブリックカレンダーにGoogle Xの研究員たちとの会議が「meet and greet(面会とあいさつ)」と銘打たれているので、「会合中に何らかのデバイスについて詳しい話が行われたというわけではない」とする一方、「バイオセンサー関連の新製品について今後何らかの進展がある可能性は拭いきれない」としています。

By Krischan Schallenberger

Googleは老化現象や老齢疾患に立ち向かう会社「Calico」を2013年9月に設立するなど、医療の分野にもビジネスの手を広げており、アメリカ食品医薬品局との会議が何を意味するのか、今後も目が離せません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
秘密研究施設「Google X Lab」がゼロから人間の幼児レベルまでニューラルネットワークを発達させる技術を開発、画像検索の精度が格段に向上へ - GIGAZINE

Googleの開発するメガネ型コンピューター「Project Glass」によって撮られたファッションショーの様子 - GIGAZINE

Googleのデータセンターへの投資額が210億ドルを超える - GIGAZINE

Googleがスマートウォッチ市場を制覇するために買収した「WIMM」とは? - GIGAZINE

GoogleのGmail・カレンダー・ドライブなど13サービスのデータエクスポートが可能になったので実際にやってみました - GIGAZINE

in メモ,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.