指輪にスマホとの連携機能を搭載したスマートリング「Smarty Ring」


スマートフォンと連携していろんな機能を実現するスマートウォッチ「GALAXY Gear」や「SmartWatch MN2」、メガネ型の「Google Glass」など、さまざまなウェアラブルデバイスが登場してきていますが、指輪に同様の機能を搭載するスマートリングの開発が進められています。

Smarty Ring | Indiegogo
http://www.indiegogo.com/projects/smarty-ring

Smarty Ringがどういった商品なのかは、以下のムービーを見ればイメージすることができます。

Smarty Ring - YouTube


モバイル機器のユーザーは、1日で150回確認するといわれていますが……


Smarty Ringはそれを60%減らすことができます。


着信音はもう必要ありません。Smarty Ringがあれば、常にモバイル機器とつながった状態になることが可能です。


メール受信、着信・チャットの通知などがリアルタイムで表示され、アラームやバッテリー残量も表示。


電話着信を受けたり、拒否することも可能。登録した相手へのスピードダイヤルや緊急電話発信、間違い発信を避けることにも役立ちます。


さらに、スマートフォンのカメラのシャッター操作や、置き忘れ・盗難防止などにも有効です。


時計機能も充実しており、タイムゾーン登録は5つまで、カウントダウンタイマーやストップウォッチ機能を搭載しています。


iOSデバイスやAndroidスマートフォン向けには専用アプリを用意。


エレガントなデザインで、アレルギー問題の少ないステンレスを素材に使用します。


きらめくようなLEDディスプレイを搭載し、男女どちらでもOKなユニセックスデザイン。


セットになっている充電スタンドは無線給電式になっており、ケーブルをつながずに充電することが可能になります。


まだプロトタイプが作成されていないため、実際の動作の状況などはわかっていないSmarty Ringですが、クラウドファンディングサイトのIndiegogoで出資を募集中です。Smarty Ringには数種類のモデルがあり、スマートフォン操作や各種通知機能を省き、時計表示と自分から離れた時にアラームを鳴らす機能を搭載したモデル「Smarty Ring - Clock」は70ドル(約7200円)の出資でゲットすることが可能。フル機能を搭載したモデル「Smarty Ring」は、175ドル(約1万8000円)でゲットすることができます。また、距離が離れた時にアラームを鳴らす機能のみに特化したシンプルなモデル「Smarty Ring - Tracker」は、50ドル(約5100円)でゲットすることが可能となっています。送料は価格に含まれているとのこと。

なお、出資の締め切りは日本時間の12月12日(木)16時59分までとなっています。締め切り前に、せめてプロトタイプぐらいは見せて欲しいところですが……。

Smarty Ring | Indiegogo
http://www.indiegogo.com/projects/smarty-ring

・関連記事
「感情を検知するスマートブラ」をMicrosoftが開発中 - GIGAZINE

世界の8割のキャリアをサポートしたスマートウォッチフォン「Neptune Pine」 - GIGAZINE

TwitterなどができてXperiaと連携できるタッチディスプレイ腕時計「SmartWatch MN2」ムービーレビューいろいろ - GIGAZINE

iPod nanoをえらく本格的な腕時計にする「HEX Vision Classic Leather Watch Band」 - GIGAZINE

4100万画素カメラ搭載でスイスメイドの自動巻きスマートウォッチ「CROSSBOW」 - GIGAZINE

Android搭載でiPhoneとも連携できる腕時計「i’m Watch」動作デモムービー&フォトレビュー - GIGAZINE

ソニーが特許出願中の付け毛はGPS・バイブ・レーザーポインター・カメラ搭載のスマートデバイスっぽい端末 - GIGAZINE

Googleがスマートウォッチ市場を制覇するために買収した「WIMM」とは? - GIGAZINE

75

in ハードウェア, Posted by logx_tm