メモ

なぜ中国が世界的なBitcoin価格高騰の原因となっているのか?

By Zach Copley

ネット決済ツールとして注目を集めている「Bitcoin(ビットコイン)」の取引価格は2013年11月5日に2013年11月5日にそれまでの最高を上回る267.40ドル(約2万6300円)を記録しましたが、それ以降も上昇し続けて史上最高値の約900ドル(約9万円)に達した後、500ドル(約5万円)前後をウロウロする展開となっています。この流れの背景には中国でのBitcoinの人気が急上昇したことにあるようで、実際に中国の大手Bitcoin取引所であるBTC Chinaが日本のMt. GoxやスロベニアのBitStampを抜いて1日の取引量で世界一になり、世界最大のプラットフォームになりました。では、なぜ中国でBitcoinの人気が上昇し、世界的なビットコインの取引価格高騰の原因になっているのか、上海の金融コンサルティング会社Kapronasiaの社長が分析しています。

Why China is Leading the Global Rise of Bitcoin
http://www.coindesk.com/china-leading-global-rise-bitcoin/

China, and the soaring price of Bitcoin
http://marginalrevolution.com/marginalrevolution/2013/11/china-and-the-soaring-price-of-bitcoin.html

Bitcoin Singapore 2013でBitcoinに関するプレゼンテーションを行ったことのあるKapronasiaの社長Zennon Kapron氏によると、BTC Chinaが他のBitcoin取引所と違って、Bitcoinを初めて利用する人に限り手数料が無料であることが、中国でBitcoinの人気が爆発的に上がった原因の1つであるとのこと。


中国の資本規制はとても厳しく、海外に投資することなどはとても難しいそうです。そのため、中国国内での限定された企業への投資や不動産投資に満足のいかない富裕層の人たちが、手数料無料で始められるBitcoinを利用して海外に投資するという現象が起こっています。

中国のメディアもこぞってBitcoinについて報じていますが、実際には、中国の首都北京に数店舗あるショップしかBitcoinでの支払いに対応していません。Kapron氏は「中国で実際にBitcoinを利用しているのはごく一部の人だけです。Bitcoinの存在は知られているけども、その仕組みについて知っている人はほとんどいません」と語っており、富裕層の間でのみBitcoinの人気が出ているとのことです。

By epSos .de

しかしながら、Bloombergによると、Bitcoinと元の取引量は直近の2カ月で30倍にも増加しているとのこと。海外投資を企てる富裕層のビットコインユーザーが多いため、現在のBitcoinの価値は輸出許可証が入札によって決められるのと同じような形で変動していますが、中国が資本の流入を自由化すればBitcoinの値段は一気に下落する可能性があります。

Kapron氏は「中国の不動産会社Shandaが、分譲している高級マンションの支払いをBitcoinでも受け付けると発表したことも、Bitcoinの人気が出た理由の1つである」と説明。Shandaの発表は一見プロモーション目的のように見えますが、Shandaの顧客には若くして高給を稼いでいる、IT関連の技術者が多く効果的なプロモーションでありました。

By gmundo

Kapron氏によると、最近の中国におけるビットコインマイニングの活動がどれくらい多いのかを明確に表すことはとても難しいとのことです。ビットコインマイニング専用のUSBを販売しているBitfountainは世界的にも人気がある他、ビットコインマイニングのための機材や場所を貸し出す「Hosted Mining」と呼ばれるサービスまで登場していることも、中国でのBitcoinの人気を後押ししているようです。

中国でのBitcoin人気は上昇し続けていますが、ここまで注目を集めてしまうと、他の国と同じようにソフトウェアやセキュリティの有用性・Bitcoinに対する社会の認識・政府の介入といった問題が発生する可能性もあり、今後も現在の人気を維持できるかどうかは不明。また、中国政府は以前にもQQと呼ばれる電子マネーを停止させた過去があり、もしBTC Chinaも中国政府によって閉鎖に追い込まれると、Bitcoinの世界的な取引量は現在の3分の1まで落ち込むことが予測されるため、現在の乱高下が落ち着くまではまだまだ予断を許さない状況です。

・関連記事
仮想通貨「Bitcoin」とは一体何か、どういう仕組みかが一発で分かるまとめ - GIGAZINE

Bitcoinマイニングはまさに軍拡競争、素人お断りの現状とは? - GIGAZINE

世界初のBitcoin対応ATM「Robocoin」が登場、仮想通貨が現実世界へ進出 - GIGAZINE

仮想通貨「Bitcoin」を簡単に送受信でき売り買いまでできる無料アプリ「Coinbase」を試してみました - GIGAZINE

Bitcoinの価格がものすごい勢いで急上昇している10個の理由とは? - GIGAZINE

Bitcoinのオンラインウォレットから1億2000万円相当のコインが盗まれる - GIGAZINE

Bitcoinがページにコードを貼るだけでゲットできる「Tidbit」 - GIGAZINE

Bitcoinマイニングに特化したマザーボードが登場 - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by darkhorse_log