ハイブリッドの次は燃料電池、「TOYOTA FCV CONCEPT」フォトレビュー


トヨタ自動車はポストハイブリッドカーに燃料電池車の開発を進めていますが、東京モーターショー2013でセダンタイプの燃料電池コンセプトカー「TOYOTA FCV CONCEPT」を世界で初めて公開しています。

トヨタ企業サイト | FCV(燃料電池車)
http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/environment/fcv/

FCV CONCEPTは水素と酸素を反応させて電気をつくる「燃料電池」を動力とする燃料電池車です。


エコな性能とは一転、細長いヘッドライトに大開口のエアインテークという強面のフロントマスク


サイドはやや上方向へ流れるようなライン


全長4870mm、全幅1810mm、全高1535mmで乗車定員は4人


このミラーで後方確認ができるのでしょうか……


固体高分子系燃料電池を使用し出力密度は世界トップレベルの3.0。実用航続距離は500kmと現行のEVカーを大きくリードする性能


FCV CONCEPTは、ハイブリッドカー・EVカーの次に主流となると考えられる燃料電池車で、トヨタでは2015年の市販を予定、それに伴い大都市周辺での水素ステーションの構築を進めていくということです。

・関連記事
「東京モーターショー2013」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

ホンダの軽スポーツカーBEATの後継車となる「S660」のコンセプトカーをフォトレビュー - GIGAZINE

東京モーターショーにゴーンCEO登場、コンセプトクーペ「FREEFLOW」を発表 - GIGAZINE

2015年市販予定の「ホンダ・NSXコンセプト」を東京モーターショーでフォトレビュー - GIGAZINE

LEXUSの次世代プレミアムコンパクトSUV「LF-NX」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

CO2排出ゼロのEVコンセプトカー「BladeGlider(ブレイドグライダー)」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

in 取材,   乗り物, Posted by logv_to