レビュー

頭から爪先まですっぽり覆える人型の着る毛布「人型寝袋フリース」を使ってみました


アウトドア製品を扱うDOPPELGANGER OUTDOORでは着たまま歩ける寝袋ヒューマノイドスリーピングバッグが扱われており、その暖かさは冷凍車で作った寒冷環境にも耐えられるほどなのですが、2013年は新たに頭からつま先まですっぽり覆ってしまう「人型寝袋フリース」が発売されました。これからの季節に室内やキャンプで使えるあったかリラックスウェアになっているとのことなので、果たしてどんなものなのか、試しに使ってみました。

DOPPELGANGER OUTDOOR®[ドッペルギャンガーアウトドア] -DOPPELGANGER OUTDOOR®HF1-174/HF1-175/HF1-176/HF1-177/HF1-178/HF1-179製品ページ-
http://www.doppelganger-sports.jp/product/hf1_174_175_176_177_178_179/

これが「人型寝袋フリース」3種類。


今回はHF1-179 (ブルー)Lサイズ、HF1-1778(グリーン)Mサイズ、HF1-175(ピンク)Sサイズを借りました。


さっそくMサイズのフリースを着てみます。Mサイズは総丈142cm、袖丈62cm、身幅49cm、股下70cm、わたり25cmで、身長160~170cmの人向け。


生地は毛足の短い表面と毛足の長い裏面という、異なる毛足のフリースを採用しており、保温性を向上。思わずなでてしまうようなとても柔らかい素材になっています。


フードの裏面は布地。


実際に着てみるとこんな感じです。


後ろ姿。


お尻の右部分にはポケットがついています。


手のひらはすっぽり覆ってしまうことも可能。


手を出したい時はべりべり……と面ファスナーをはがせばOK。


手のひらを覆っていた部分は邪魔にならないよう手首の下あたりでとめることができます。


手首と同様に足首を出すこともできるので、このまま靴を履いて外出することも可能です。


全身すっぽり覆ってみました。


編集部員はそれまで薄着で「寒い寒い」とつぶやいていたのですが、人型寝袋フリースは非常に暖かく、着衣したまま動き回っていると今度は「暑い暑い」と言い出すほどでした。1枚でぽかぽかなので、ブランケットや布団なしでごろごろしても快適。ただ頭の上までジッパーを締め切ってしまうとさすがに息苦しいので、呼吸のためにある程度顔は出しておくのがオススメ。また、ウェブサイト上にも頭部ジッパーを全閉した状態での睡眠や運動は絶対に行わないで下さい、という注意書きが書かれています。


寒い場所でも作業がはかどります。


そろそろ暖房をつけたくなる室温だったのですが、熱が逃げてしまわないように苦しくないギリギリまでジッパーを上げれば、暖房器具を使わずとも余裕で過ごせました。


なお、人型寝袋フリースはトイレの際にわざわざ脱ぐ必要のない「着たままトイレシステム」を採用しています。腰の部分から背面にかけて面ファスナーをはずしていくと……


背面の上下を分離させることが可能なので便利。


前面にもポケットが2つあるので、財布やスマートフォンなどちょっとした持ち物だけなら手ぶらで外出できます。


フリースを脱ぐと、中の衣類にちょっと糸くずがついてしまっていました。


サイズはMの他にSサイズ、Lサイズがあり、Sサイズは総丈130cm、袖丈59cm、身幅45cm、股下65cm、わたり23cm、身長150~160cmの人向け、Lサイズは総丈150cm、袖丈65cm、身幅56cm、股下75cm、わたり29cm、身長170~180cmの人向けとなっているので、身長152cm、162cm、172cmの編集部員3人でSサイズ・Mサイズ・Lサイズをそれぞれ着てみました。以下は手足を露出した状態。


全身をフリースで覆ってみました。


横。


後ろ姿。


ただ体をすっぽり覆うだけでなく、手足のパーツが着脱可能になっていたり、ポケットがついていたり、着たままトイレシステムが採用されていたりと活動する時に便利な工夫がいくつもされており、部屋着やキャンプ時の保温アイテムとしてかなり役立ちそう。かさみやすい冬の空調代を節約し、エコにもなるアイテムとなっていました。


なお、人型寝袋フリースの価格は税込5250円、商品は公開初日に全数受注完売しており現在増産中で、Amazonでは唯一Sサイズのブラウンのみ購入可能でした。

Amazon.co.jp: DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア 人型寝袋フリース HF1-174 Sサイズ: ホーム&キッチン
http://www.amazon.co.jp/dp/B00G9M6H82/



Sサイズはピンクとブラウンの2種類があり、ピンクは現在売り切れ中。

Amazon.co.jp: DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア 人型寝袋フリース HF1-175 Sサイズ: ホーム&キッチン
http://www.amazon.co.jp/dp/B00G9M9BJ4/



Mサイズはグリーンとブラウンの2種類あり、こちらも現在は売切中。以下はグリーンの購入ページです。

Amazon.co.jp: DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア 人型寝袋フリース HF1-177 Mサイズ: ホーム&キッチン
http://www.amazon.co.jp/dp/B00G9N5JCG/


ブラウンの購入ページは以下。

Amazon.co.jp: DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア 人型寝袋フリース HF1-176 Mサイズ: ホーム&キッチン
http://www.amazon.co.jp/dp/B00G9MCC72/


Lサイズのブルー・ブラウンは以下が購入ページとなっています。

Amazon.co.jp: DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア 人型寝袋フリース HF1-179 Lサイズ: ホーム&キッチン
http://www.amazon.co.jp/dp/B00G9N3TQY



Amazon.co.jp: DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー) アウトドア 人型寝袋フリース HF1-178 Lサイズ: ホーム&キッチン
http://www.amazon.co.jp/dp/B00G9MIBJU


この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
歩ける寝袋「ヒューマノイドスリーピングバッグ」は本当に寒冷環境に耐えられるのか冷凍車で実験してみた - GIGAZINE

顔面を一分のスキなく防寒しているのに人相が丸わかりな目出しニット帽 - GIGAZINE

本当に防寒になるのかUSBあったかグッズ3点セットを試してみた - GIGAZINE

起きるのがつらい冬の朝、目覚めてから布団から出るまでは全国平均13.3分 - GIGAZINE

in レビュー,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.