ハードウェア

250個のHDDを使い400時間かけて組み立てられたF1のモデルカー


食パンを1000枚使用して作られたお菓子95万6000本のマッチを使って組み立てられた原寸大のF1カーなど、途方もない数の材料と時間をかけてモノを製作する人がおり、物作りへの情熱には驚かされるばかりです。ハードディスクドライブの開発・販売を手がけるWestern Digitalの技術者ロブ・ライアン氏も物作りに対するこだわりがすさまじく、250個のHDDを使ってF1の模型を作成しています。

後部タイヤの前にあるサイドポットはこんな感じで、基盤が見えています。


コックピットは4枚のスピンドルモーターで出来ていて、コックピット後部にはモーターもあり、こちらは12個のアクチュエータを使って組み立てたとのこと。


Western Digital社製のWD Redのアクチュエータを使用して作られたフロントウイング。


リアウイングにはWD Scorpioのアクチュエータを10個使用。


リアウイング下部にあるディフューザーはボイスコイルモーターで再現されています。


アクチュエータとスピンドルモーターを組み合わせて作られているV型12気筒エンジン


車体部分にはLEDライトが埋め込まれており、電源を入れると青色に輝いて、内部の基盤がチラリ。


実際にスイッチを入れて車体のLEDライトが光っている様子は以下のムービーから確認できます。

Western Digital shows off 5mm 500GB drive, new 2.3-inch Red HDD, and cool Formula 1 race car - YouTube


F1の模型を前から見てみると迫力満点。タイヤの部分以外は全てWestern Digital社製のHDDの部品でできているとのこと。400時間かけて作成されたF1のモデルカーからは、ライアン氏のHDDとF1に対する多大な愛を感じることができます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
黄金の輝きを放つ外付けハードディスクドライブ「Golden Disk」 - GIGAZINE

約2万3000ピースのレゴを使用、気の遠くなるような手作業で組み立てられたテーブル - GIGAZINE

ハードディスクに関する4つの都市伝説 - GIGAZINE

食パンを1000枚使って作られた世界最大のブレッド・アンド・バタープディング - GIGAZINE

Googleによると、ハードディスクは温度や使用頻度に関係なく故障する - GIGAZINE

腕時計のパーツを使って作られたバイクの模型いろいろ - GIGAZINE

ハードディスクドライブを使ったPCケース - GIGAZINE

95万6000本のマッチを使って作られた原寸大のF1カー - GIGAZINE

最大4TBのHDD新モデルをWestern Digitalがエンタープライズ向けに発売 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ハードウェア,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.