ムービー

1000円でスマートフォンを高性能な顕微鏡に変身させる方法


わざわざ顕微鏡や専用の顕微鏡用カメラを買わなくても、手元のスマートフォンを使ってミクロな世界を撮影できるようにする、「スマートフォン顕微鏡化スタンド」の作り方が公開されています。

$10 Smartphone to digital microscope conversion!
http://www.instructables.com/id/10-Smartphone-to-digital-microscope-conversion/

Turn Your Smartphone Into a Digital Microscope! - YouTube


これがスマートフォンを顕微鏡に変えてくれるというDIYのスタンド。


このスタンドとスマートフォンを使って、10セント硬貨を拡大してみます。


40倍。


175倍。


これは塩の結晶(40倍)。


エルダーベリー(40倍)。かなりの高画質です。


この顕微鏡スタンドは、気軽に持ち出すことが可能。


スタンドにスマートフォンをのせるだけでセッティング完了。


被写体をプレートの間に入れると……


この通り、拡大できます。


ピントは、両サイドにあるスペーサーを回して調整します。


好みのところでシャッターを切れば……


簡単に拡大した画像が撮影可能です。


これは1ポンド硬貨(40倍)。


175倍に拡大したところ。文字の凸凹具合もばっちり確認できます。


このDIY顕微鏡スタンドの製作に必要な部材は、レーザーポインター、LEDライト、アクリル板、パーティクルボード、ボルト・ワッシャーだけ。


定規とペンと電動ドリルがあれば準備OKです。


最初にレーザーポインターを分解して、レンズを取り出します。


鉛筆でぐりぐり。


ペンチでつまんで……


無事、レンズを取り出せました。


次に、木の板に印を付けて、ボルトを固定していきます。


板を重ねて……


アクリル板をのせ……


穴を開けて……


ボルトを固定します。


ボルトがアクリル板の穴を通るかチェック。


続いてLEDライトを装着する穴を開けて……


ライトをはめ込みます。


先ほど取り外したレーザーポインターのレンズをアクリル板に装着。


アクリル板(小)をナットで固定し……


アクリル板(大)も装着。


スマートフォンのアプリを使って水平を出して……


LEDライトを装着すれば……


スマートフォン用顕微鏡スタンドの完成です。


この顕微鏡スタンドでどんな写真が撮れるのかは以下のギャラリーから。

こしょう(40倍)


カエデの種子のさや(80倍)


百合の大胞子(40倍)


百合の大胞子(175倍)


回虫(175倍)


花粉(175倍)


テリア(水草)の茎の断面(80倍)


「スマートフォン顕微鏡化スタンド」を自作したい!という人のために、パーツの詳細が公開されているので参考にしてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iPhoneと合体させてミクロの世界を撮影できるライト付き顕微鏡「MicroMax」実機レビュー - GIGAZINE

スキャナを改造して1億3000万画素のデジカメを自作した全記録をネットで公開中 - GIGAZINE

毛虫の頭のアップなど強力な顕微鏡で見た驚くべき生物たちの姿 - GIGAZINE

iPhoneを防水・防塵・耐衝撃に変えるゴリラガラス採用ケース「TAKTIK」 - GIGAZINE

知っておけば必ず役立つ日曜大工とDIYのスキル25個 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   サイエンス,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.