試食

ケンタッキーの味付けの唐揚げが食べられる持ち帰り専門店「鶏から亭」試食レビュー


ケンタッキーフライドチキンの「オリジナルチキン」などの味付けの唐揚げを売っているテイクアウト専門店「鶏から亭」が開店したということで、どういったお店でどういったメニューを扱っているのか、買いに行ってきました。

ケンタッキーフライドチキン|ニューコンセプト|鶏から亭
http://www.kfc.co.jp/info/torikaratei/index.html

お店は今のところまだ1店舗しかなく、目黒区のダイエー碑文谷店に行く必要があります。場所はここ、東急東横線の学芸大学駅と都立大学駅のほぼ中間あたり、目黒通り沿い。

大きな地図で見る

ダイエー碑文谷店


ダイエーの前まで行くと「鶏から亭1号店オープン」の幟が立っています


目黒通りに面した入口には大きくオープンを知らせる看板も。


ダイエー1階の入口から入ってすぐのところが鶏から亭。


テイクアウト専門店なので、お店としてのサイズは一般的なケンタッキーフライドチキンのお店のカウンター分ぐらいしかありません。


「ケンタッキーから、ごはんによく合うからあげの専門店ができました。」


取り扱っているのは特製の鶏から全4種類。オリジナルチキンと一緒になった味くらべパックもありますが、お好み鶏から弁当は販売していませんでした。


唐揚げは100gが270円で販売されていますが、1個単位での購入も可能。だいたい1個あたり35g~50gほどで、大きさにはちょっとばらつきがあります。


4種類の唐揚げを購入、入れてある袋は同じデザインで見分けがつきませんが……


裏にシールが貼ってあります。


味は左上が秘伝スパイス、右上が醤油、左下が辛旨、右下が胡山醤。


秘伝スパイスはケンタッキーフライドチキンの「オリジナルチキン」に使われているスパイスを用いた味付け。


見た目もオリジナルチキンっぽい雰囲気ですが、唐揚げなので骨は入っておらず非常に食べやすい品です。


醤油は少し色が濃いめ。


こちらはケンタッキーフライドチキンというよりも、オーソドックスな鶏の唐揚げに近い味。巷でよくある唐揚げといえばこの味です。


辛旨は名前の通り、「辛旨チキン」で使われていたような、少し辛さのある衣を使用。あくまでピリッとするぐらいの唐辛子系統の辛さで、口の中が燃えるように熱くなるような味ではありません。


最後は胡山醤、名前は胡椒(コショウ)・山椒・醤油を使っている事に由来。


醤油ベースながら胡椒と山椒でアクセントを効かせてあります。4品ともそれぞれに個性のある味で、食べ比べてみると自分の好みの唐揚げが見つかるかも。


ただ、鶏の唐揚げというとわりと手軽な総菜で、スーパーだと100g128円から198円ぐらいで購入可能なので、100gで270円と言われるとかなり割高な印象があります。ごはんに合う唐揚げということで、総菜的な買われ方を想定するのであれば、せめて100gで200円を切るぐらいの設定が欲しいところです。

・関連記事
100円で鳥の唐揚げが食べ放題の居酒屋「有鳥天酒場」に行ってきた - GIGAZINE

伝説の山盛り若鶏唐揚げを秋葉原のヨドバシ8Fにある「ザ・海峡」で食べてみた - GIGAZINE

わずか298円でから揚げやハンバーグがガッツリいける「デカうま298円弁当」を食べてみました - GIGAZINE

名古屋名物・元祖手羽先唐揚げ「風来坊」で手羽先唐揚げや鶏肉料理をむさぼってきました - GIGAZINE

「レンジでチンするから揚げ粉」タンドリーチキン風味はシリーズ中で最も本物に近い味 - GIGAZINE

カロリー20%カットの唐揚げが電子レンジでチンするだけであっという間に完成する「レンジでチンするから揚げ粉 黒こしょう&ガーリック風味」 - GIGAZINE

油不要の「レンジでチンするから揚げ粉」、わずか10分以内にから揚げ完成 - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt