メモ

有料ストックフォトを扱うGettyImagesが約1万点の画像を無料で利用可能に

by Elvis Payne

静止画・ムービー・音楽のライセンスを販売するGettyImagesが運営する、さまざまなプログラムを通じて視覚芸術および歴史理解に取り組むGetty Research Instituteが収集したアートワークのコレクション5400点を含んだ約1万点の写真を無料でダウンロード可能にしました。

5,400 Images from the Getty Research Institute’s Special Collections Now Available as Open Content | The Getty Iris
http://blogs.getty.edu/iris/5400-images-from-getty-research-institutes-special-collections-now-available-as-open-content/

無料ダウンロードが可能になった高解像度画像のコレクションは数世紀にわたるもの。中には16~18世紀のアーティストによるスケッチブックやドローイング、水彩画、19世紀に建てられた建築物のドローイング、中東とアジアにおける初期の写真なども含まれます。そして今後数カ月かけて本や手紙・ドキュメンタリー写真・歴史的重要論文などを用いて、これら画像についての美術史学的研究を補足する予定とのこと。

以下は1970年に中国で描かれたランタンのデザイン。


ユカタン半島にあるマヤ文明の遺跡、カサ・デル・アディビノ。1882年に撮られたものです。


1694~1968年に描かれた「Quatrieme chambre des apartemens in Appartements de Versailles」


1775年~1785年に描かれた鉛筆・木炭・インクによるスケッチ。


アートに関わる人々にとって数多くの資料に触れられることは非常に重要だとして、GettyImagesはこの企画を実施。「このプログラムが学者だけでなく学生・アーティスト・デザイナー・貴重な素材を使って新たなアートワークやデザインを作り出すのに興味がある人などが、学校や博物館という枠を飛び越えて資料に触れられる機会を促進できればと思います」とブログにはつづられています。

画像は以下のページから検索・ダウンロード可能。

GSG: highlights=Open Content Images
http://search.getty.edu/gateway/search?q=&cat=highlight&f=%22Open+Content+Images%22&rows=10&srt=a&dir=s&pg=1



各ページにはアーティスト名や制作日、大きさなどが描かれています。画像下にある「Download」をクリック。


プライベートか、NPOのメンバーか、会社の利益のために画像を利用するのか、などダウンロードする人のステータスや、商用利用・非商用利用であるかなどを選択して「Submit」を押せば高解像度の画像が表示されるので、右クリックで保存します。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
3分でわかるヨーロッパ大陸の約1000年の歴史の遷移 - GIGAZINE

わずか100秒で英国100年間のファッション史が楽しく理解できるダンスムービー - GIGAZINE

自らの発明により命を落とすこととなった10人の偉大な発明家 - GIGAZINE

世界の偉人・著名人たちによるウィットに富んだ「切り返し」32例 - GIGAZINE

メキシコのジャングルの中から突然ぬっと現れるパレンケ遺跡に行ってきた - GIGAZINE

戦場の世界遺産、プリア・ヴィヘア遺跡に行ってきた - GIGAZINE

グアテマラのジャングルを140km踏破してエル・ミラドール遺跡に行ってきた - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.