レビュー

iPadを360度回転のホルダーと2つの関節で多方向でキープするスタンド「STHS2」を使ってみました


アルマイトを施したアルミボディを採用し、軽量&耐久性を備えており、上下2つの関節で無段階の角度調節が可能、360度回転のホルダーで縦横画面どちらでもiPadをキープできるiPad専用据置型スタンドが「STHS2」です。

iPad用スタンド オフィスや家庭に最適です。軽量アルミ製|STHS2ビートソニック
http://www.beatsonic.co.jp/accessories/sths2.php

これがスタンドホルダーSTHS2のパッケージ。STHS2は販路をインターネットに限定し、簡易包装にすることで高品質かつ低価格の商品を実現しているそうです。


中に入っていたのはSTHS2本体と取り扱い説明書。


これが送られてきた状態のスタンド。


横から見るとペチャンコなので、使わない時はコンパクトに収納できます。


スタンドの底面には滑り止めのゴムがついています。


スタンドを立たせるとこんな感じ。大きさは底面の直径が173mmで、スタンドを立てた状態の高さは230mmです。


横から見た様子。


後ろ姿。


重量は約395gで、片手で軽々持ち上げられます。


ホルダーの4隅には以下のような感じでツメがついています。


スタンドを使用する際はiPadをカチッという音がするまでホルダーのツメにはめ込むだけ。


STHS2は2つの関節とホルダーの動きによってiPadを好きな位置でキープすることが可能。ナナメの角度でiPadを保ったり……


スタンド下部の関節を曲げて床と水平にすることも可能。なお、スタンド下部の関節は約90度可動します。


さらにそのまま高さを変えたり……


グリンっと首を後ろに向けることもできます。この上部関節は約340度回転するとのこと。


ホルダーは360度回転なので、縦方向でiPadを保つことも可能です。


実際に2つの関節とホルダーを使ってiPadの位置を変えている様子は以下のムービーから見ることができます。

360度回転のホルダーと2つの関節でiPadをキープできるスタンド「STHS2」 - YouTube


スタンドの底面には滑り止め用のゴムがついているので、iPad操作中でも位置がズレることはありません。


後ろから見ると、スタンドは白・黒・シルバーで統一してあるため、洗練されたiPadの雰囲気を邪魔しないデザインとなっています。


アルマイトを施したアルミボディを採用しており、軽量でありながら高級感・耐久性を備えています。


電源・音量など各種ボタンももちろんスタンドに置いたまま操作可能。


充電もこの通り。


なお、価格は3360円。iPad第2~第4世代に対応しており、可動域が限定されるものの多いiPadスタンドの中でさまざまな方向に向けたままiPadがキープでき、軽量&コンパクトに収納できるため外出先に持って行くことも可能。iPadに合わせて体勢を変えるのではなく、体勢に合わせてiPadの向きを変えることのできるアイテムとなっていました。

STHS2は据え置き型ですが、STHSシリーズにはこの他にも壁面取付型や……


クランプ固定型などもあります。


さらに別売りのホルダーに付け替えれば、iPad以外のさまざまな大きさのタブレットでもスタンドを使用できます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iPhoneからiPadまでさまざまなサイズのデバイスを支えるスタンド「Mika」を使ってみました - GIGAZINE

Nexus4を置くだけでワイヤレス充電しつつスタンドにもなる「Nexus 4 Wireless Charger」を実際に使ってみました - GIGAZINE

くねくね曲げてスタンドにもなる4種類の充電・通信用ケーブル「金属製 USBフレキシブルケーブル」を使ってみました - GIGAZINE

iPadをMacBookっぽくしたりスタンドとしても使えるキーボード「CruxSKUNK」 - GIGAZINE

iPadをまるでMacBookのようにするキーボード「Brydge+」を使ってみました - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア,   動画,   デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.