ムービー

巨大な鍵盤に乗ると音階に合わせて声楽家が発声する「Living Piano」


ピアノは通常、鍵盤を弾くことでその鍵盤に対応したハンマーが弦を鳴らして音を出していますが、巨大鍵盤に人が乗ると、声楽家たちが対応した音階に合わせて発声することで音を出す「Living Piano」が、フランスの広場に設置されました。

Living Pianoを弾いている様子は以下のムービーから鑑賞できます。

Le piano vivant / Living Piano - YouTube


のどかなフランスの公園に……


何やら資材が運び込まれています。


配線をつないだり……


はんだこてで溶接しています。


着々と設置されているのはピアノの巨大な鍵盤。


子どもたちも興味津々。


ピアノが完成。声楽家たちはそれぞれ、白い鍵盤の担当は紫、黒い鍵盤の担当は黒いシャツを着ています。


見物人のうち、1人の少女が呼ばれました。


鍵盤を踏んでみると……


ヒゲの生えた男性がビブラートのきいた低音を発声しました。


見ていた夫婦もびっくり。


少女が司会に指示されていろいろな鍵盤を踏んでみると、声楽家たちがバスからソプラノまで見事な発声をこなしています。


司会も演奏します。


まわりの子どもたちを呼んで人間ピアノを演奏。


見物客がたくさん集まってきています。


司会が鍵盤を踏む横には、1人のおじさんが鍵盤に座っており、後ろの人は驚くほど長時間発声を続けています。


見物している人たちの参加は自由のようです。


あたりが暗くなってくると、踏んでいる鍵盤が光り始めました。


参加したそうなお嬢さん。


犬でも演奏できますが、歩くと声楽家が発声するのでびっくりしています。


最後にはカルメンが演奏され、声楽家たちへの紙吹雪で締めくくられました。


突然、街中にこんなピアノが現われたら、子どもでなくても演奏してみたくなりそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
幼女から警備員まで通行人が街に突如出現したオーケストラの指揮者になる「Conduct Us」 - GIGAZINE

ピアノの音だけなのに本当に人が話しているように聞こえる、驚異的なしゃべるピアノのムービー - GIGAZINE

街のあちこちにピアノを設置して道行く人に自由に弾いてもらうプロジェクト「Play Me, I’m Yours」 - GIGAZINE

アウディがデザインするとグランドピアノはこうなる - GIGAZINE

めちゃくちゃド迫力かつ圧倒的なフラッシュモブの領域を超えたフラッシュモブ - GIGAZINE

雑誌「小学一年生」で人気を博した付録「ゆびピアノ」が「ゆびdeピアノ」としてオトナバージョンにアレンジされ帰ってきた - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.