ムービー

iPhone 5sを50口径の対物狙撃銃で撃つとどうなるのか実験


9月20日に発売されたばかりのiPhone 5sのボディはどれぐらいタフなのか、50口径(口径が0.50インチ=12.7mm)の対物狙撃銃・バレットM82で撃ってみたというムービーがYouTubeで公開されています。

Gold iPhone 5S shot with 50 Cal sniper rifle #ThroughGlass Google Glass - YouTube


使用しているバレットM82は映画「ハート・ロッカー」や「バトルシップ」などにも登場。(※銃の名前を修正済み)


iPhone 5sは遠方の台の上にセット済み。うまいことスコープ内を撮影していますが、これはGoogle Glassを使って撮影したものだそうです。


そしてカウントダウン後に射撃を実施。


iPhoneを手で持って確認せずともわかる弾痕


台から取り外します


貴重なゴールドモデルが……


弾は貫通しており、その勢いでディスプレイも反り返っています。


日常生活の中で12.7mm機関銃に撃たれる機会はそうそうないので、「iPhone 5sでは12.7mm弾は防げない」とわかったところで役には立ちませんが、Android等のニュースを扱うAndroid AuthorityではiPhone 5sとiPhone 5cを胸の高さから落とす実験を行っており、こちらの結果は役に立ちそうです。

iPhone 5S and 5C Drop Test! - YouTube


実験に使うのはiPhone 5sのシルバーグレイと、iPhone 5cのホワイト。


まずはiPhone 5sから落下実験を行います。実生活でもありそうな胸の高さからの落下で、これは背面側から落とすところ。


カシッと着地時に軽く跳ねるiPhone


側面は無傷ですが……


スリープボタンのある側面の角に凹みができています。しかし、それほど大きな傷ではありません。


スピーカーのある面を下にして落とすと……


かなり高く跳ねました


イヤホンジャックに隣接するあたりが傷つき、ディスプレイも軽く浮いているように見えます。


最後はディスプレイ面を下にしての落下


背面を見せながらタイルの上に落ちていくiPhone 5s。実際、こういう場面だと不思議とスローモーションになって見えたりするものですが……


カシャーンと音を立てて落ちたiPhone


しかし、裏返してみると表面は無傷、擦り傷すらもついていません。ひょっとすると、このディスプレイ面が一番強いのかも……。


続いてはiPhone 5cの落下実験です


背面から落としたところ、iPhone 5sよりも跳ねませんでした。


傷はほぼないといっていい状態。意外とタフです。


今度は縦にしてスピーカー面から落下させます。


ぴょーんとジャンプしているかのようなiPhone


iPhone 5sと同じように、イヤホンジャックのそばが傷つきました。


最後はディスプレイ面からの落下


ガシッという感じの落下になり、ほぼ跳ねませんでした。


イヤな予感の通り、ディスプレイが粉々になる最悪の結果に……。


一応、この状態でも正常動作はしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「iPhone 5s」を使って「iOS 7」で追加された新機能などを使いまくってみましたレポート - GIGAZINE

iOS7にパスコード入力無しでカメラロールにアクセスできるバグが発見されたので実際にやってみました - GIGAZINE

iPhone 5を狙撃銃・チェーンソー・熱湯などで破壊しようとするムービーいろいろ - GIGAZINE

iPhone 5sとiPhone 5cを分解してiPhone 5と比較したフォトレポート - GIGAZINE

iPhone 5s・5c発売直前のApple Store&ヨドバシ行列はこんな感じ - GIGAZINE

in 動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.