試食

まずかったら返金可能なペッパーランチの「肉塊ハンバーグ」を食べてきました


ペッパーランチが一部の店舗で試験的に7月末から「肉塊ハンバーグ」の返金を行えるキャンペーンを行っていましたが、好評だったため全国の店舗で9月12日(木)から行っています。肉塊ハンバーグは今年の春に全国の店舗で発売された商品で、返金キャンペーンの試験時は申し出がゼロだったため全国でこのキャンペーンを開始したとのことです。返金するほど味に自信があるハンバーグはいかなる味なのか食べてみたかったので、お店に行ってきました。

魔法の鉄皿でジュージューパスタ | キャンペーン | ペッパーランチ
http://www.pepperlunch.com/campign/5905.html

ペッパーランチの店舗に到着。


お店でもキャンペーンをアピール。


返金の条件が書かれており、半分以上食べたりすると返金不可だったり、返金は1人1回など条件があります。


さっそくレジで肉塊ハンバーグ300グラム(税込1050円)を注文します。店舗のサービスで飲み物が無料でついてきました。


オーダーし、ハンバーグのできあがりを待ちます。


待つこと5分ほどで肉塊ハンバーグが登場。味噌汁・ごはん・ドリンクがセットになっており、カットされたハンバーグがどどんと鉄板の上に載り、油が飛び跳ね、ジュージュー音がしています。


実際に肉塊ハンバーグがジュージューしている様子は以下のムービーから確認できます

ペッパーランチの「肉塊ハンバーグ」のジュージューしている様子 - YouTube


ハンバーグにはスパゲッティ・コーン・えんどう・にんじんが添えられており、ハンバーグの上にはペッパーランチ特製のバターがトッピング。


溢れる肉汁。


バターも溶けていい感じ。


トングでバターを伸ばし、ハンバーグを両面焼くのがポイントとのこと。早速指示に従いハンバーグを焼いてみます。


トングでバターを伸ばし……


引っくり返します。


ハンバーグの裏面はすでにカリカリになっていました。


ハンバーグにはこしょうの粒のようなものが確認できます。まずはソースをかけずに食べてみることに。


ハンバーグの表面がカリカリになっているので、クリスピーな食感が楽しめます。肉を噛みしめると肉汁が飛び出しいい感じ。さらに特製のバターとペッパーが食欲をかき立てます。ハンバーグは肉が塩胡椒で熟成したような味がするので、ビーフジャーキーに味が少し似ています。


一口食べたらソースをかけることに。多くのハンバーグ店では、焼き上がった直後に鉄板にソースを垂らしますが、ペッパーランチではソースはすぐにかけることをオススメしていません。


特選のオニオンソースをハンバーグにかけてみます。


鉄板はアツアツではないので、ソースは飛びはねませんが、オニオンソースの匂いが広がります。


オニオンソースをかけた状態で食べてみます。


やや甘めのオニオンソースの味とハンバーグの相性がグッド。ハンバーグの牛肉は北海道産・オーストラリア産・ニュージーランド産がブレンドされているとのことですが、肉の味が上質に感じるのは、国産の牛の脂を多めに使っているからかもしれません。


もちろんごはんと食べてもウマウマ。ハンバーグから溢れる肉汁・甘辛いオニオンソースとごはんの組み合わせがたまりません。


付け合わせのパスタは鉄板の油で麺が炒められカリカリになっています。


スパゲッティのカリカリとした食感が中華風の堅焼きそばのようで面白い味。たまねぎソースとスパゲッティも意外と好相性。


口がこってりしたら、コーン・にんじん・えんどうで口を休めるのもアリ。特にエンドウが甘く食感も良いのでオススメ。


返金のことを忘れて完食。さすがのペッパーランチの自信作だけある作りです。返金ができるキャンペーンは10月31日(木)までになっているので、ハンバーグが好きな人はペッパーランチの自信作を食べてみるのもいいかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
本日1日限定でステーキ・ハンバーグ・チキン食べ放題「ステーキのどん」突撃レポート - GIGAZINE

19日だけステーキが約30%オフで食べられる「ステーキのけん」に行ってきました - GIGAZINE

エビフライ食べ放題&ステーキ食べ放題を雪の中、北近江で挑戦してみた - GIGAZINE

自宅ではできないレベルの肉汁あふれるハンバーグを店でわざわざ一つずつ本当に手作りしているカウボーイ家族の厨房に潜入取材 - GIGAZINE

ロッテリアの秋の新作「肉厚ハンバーグステーキバーガー」は本当に肉厚なパティでした - GIGAZINE

in 試食,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.