ペルーのナスカの地上絵はセスナからどう見えるのか


旅をした人に「小さくて分かりづらい」「線が薄くて見つけにくい」と書かれることがあるナスカの地上絵。セスナによる遊覧飛行だと揺れるので酔うということで、その悲しい事態にお金を払うかもしれない可能性がありました。でも、せっかくここまで来たのですから、ペルーの空を飛んできました。

こんにちは、ペルー滞在も長くなっている自転車世界一周の周藤卓也@チャリダーマンです。マチュピチュと同様な観光名所となるナスカの地上絵。心配ばかりしたフライトでしたが、しっかりと地上絵を拝んできました。

◆ナスカまで
リマを脱出して、海岸沿いの道を南下します。


無人区間


リマから約300km離れたイカの郊外には「ワカチナ」という砂漠のオアシスがあったので、立ち寄ってみました。「湖ではボート」に「砂丘ではサンドバギー」とワカチナは観光客でいっぱい。

湖の周りには緑。中心ではホテルやレストランも営業しています。


砂漠にある不思議な湖


砂丘に登る観光客


イカを離れても、荒涼とした大地が続きます。


地平線まで伸びる真っ直ぐな道


ただ平坦ばかりではなく、岩山によるアップダウンの区間もありました。


ナスカの手前にあるパルパの町


◆ナスカの地上絵
ナスカの地上絵があるエリアに突入。海沿いを走っていたリマ近郊から、約550mまで標高を上げていました。


ナスカ市街から約25kmの場所にミラドール(展望台)があって、2ソル(約75円)を払うと登ることができます。


粗末な造りなので、少し怖いです。


ここでは手と……


木の地上絵が観察できます。ただ分かりづらくて「あれ?」といった感じですが。


それより嬉しいのが、自分の走る道が分かること。


地上絵のあるエリアは殺伐としていました


地面にはゴロゴロとした石が散らばっています


ナスカの町の中心になるプラサデアルマスに到着


ナスカではプラサデアルマスに面した「HOTEL EL MIRADOR」に宿泊しました。


◆セスナによる遊覧飛行
ナスカに到着した日は疲れていたので、翌日のフライトで計画を立てます。インターネットの情報だと「空港で直接フライトチケットが手に入る」という話だったので、ナスカ市街の旅行代理店をのぞくことなく、翌朝に空港まで自転車で行くことにしました。片道4kmもないので、ぶらりと散歩に出る感覚です。

こぢんまりとした空港オフィス


ですが、たくさんの観光客で賑わっていました。


すぐに声をかけられたので、フライトチケットの相談をします。低い高度を飛ぶという説明だったので、パイロット2人と乗客2人の小さなセスナにしました。同乗者が少ない分だけ値段も高いですが、その差は10USドルと大した違いでもありません。航空会社にフライト代金になる90USドル分のペルー通貨で250ソル(約9250円)、別途の窓口に空港使用税の25ソル(約925円)を支払いました。昔は50USドル前後のフライトもあったようですが、墜落事故の影響でパイロットが2人体制になり、近年はこのくらいの値段が普通のようです。

乗客2人、4人、5人のセスナがあるという説明。


フライトまでパンフレットで地上絵の予習


紀元前200年から紀元後800年の間に描かれたナスカの地上絵は、雨もほとんど降らない気候も幸いして現在にまで残っています。大きさはクモ(46m)、宇宙人(32m)から、サル(110m)、オウム(200m)といった形。これほど巨大な地上絵が作られた理由は、雨乞いの儀式や、社会的な公共事業や、面白いものだと宇宙人の滑走路という説まで。世界遺産に登録されたナスカの地上絵も、環境の変化による降雨や、人為的な影響もあったりして、消滅の危機に晒されています。トカゲの地上絵なんて、パンアメリカンハイウェイが横断してますしね。

1時間くらいボーっと座って待っていたら、ついに呼ばれました。説明通りパイロット2人と乗客のスペイン人のおじさんと自分の4名でセスナに乗り込みます。

空港にはたくさんの飛行機


こちらが今回のセスナ


コックピット


セスナの172Cという生産モデルでした


そして、いよいよ飛び立ちます。


離陸からしばらくすると地上絵のあるエリアに。今回撮影に使用したカメラはキヤノンのEOS Kiss X5でレンズは18-55mm。5184×3456ピクセルのサイズで記録した画像を、そのまま縮小しました。撮れた地上絵は、こんな感じになります。分かりにくい写真には、矢印を加えてみました。

クジラ


宇宙人。山に描かれているので発見しやすいです。


サル


犬。これだけは分からなかったので、辺りを適当に撮りました。


ハチドリ。こちらも高台にあるので分かりやすい。


クモ


コンドル


ペリカン


オウム


木と手。この2つは、ミラドール(展望台)からも見たのですが、上空からでないとはっきりと分かりませんね。近くにトカゲもあったみたいですが、パンフレットに載っていなかったので気付きませんでした。






ちなみにサルを切抜きをすると、ここまで拡大できます。


遊覧飛行の時間は30分くらいでしょうか。最初のクジラの地上絵から最後の木と手までは20分。二人のパイロットのうち、一人がガイド役で地上絵の場所を教えてくれました。地上絵が薄かったり、いろんな線が交差していて、分かり辛いのもありましたが、思っていたより写真が撮れています。左右どちらでも確認できるように、機体を旋回させていました。低い高度を飛ぶと聞いても、一度しかフライトしないので比べようがありません。ただ、乗客は2人しかいないのでやり易さは感じていました。

地上絵ばかりでなく、広大なペルーの大地も迫力があります。


走ってきたパンアメリカンハイウェイ


大地に描かれた紋様


フライト中は相当な振動もあってしびれてしまい、シャッターを押すのも大変でした。不安だった乗り物酔いは、しんどかったのですが吐くこと無く。それでも着陸して、地面に足を付けたときはフラフラできつかったです。

一緒だったスペイン人のおじさんと。


最後に今回の記念を10ソル(約370円)で手に入れることにしました。


セスナをバックにしたパイロットとの2ショット写真。初めてのセスナによる遊覧飛行だったのですが、充実した体験ができて良かったです。


実は、このナスカの地上絵はグーグルマップでも見ることができます。

大きな地図で見る

ナスカでの滞在を終えて、再びアンデス山脈に突入。インカ帝国の首都だったクスコ、そして天空の城とも呼ばれるマチュピチュを目指します。

(文・写真:周藤卓也@チャリダーマン
自転車世界一周取材中 http://shuutak.com
Twitter @shuutak
)

・関連記事
エクアドルからペルー国境まで自転車旅行者狙いの強盗を回避するためアンデスの山々を走破 - GIGAZINE

道路横断中のナマケモノを発見し「無防備すぎて襲われてしまう」ことに納得 - GIGAZINE

アルパカの群れと出会ったペルー山岳地帯は標高4000m超で寒さが身に染みた - GIGAZINE

マチュピチュに出来るだけお金をかけずに行ったらちょっとした冒険になった - GIGAZINE

ペルーでコーラを注文すると黄金のコーラが出てくる - GIGAZINE

恐竜の化石がペルーのバスの中から発見される - GIGAZINE

小説や映画に出てきそうなペルーのオアシス「Huacachina」 - GIGAZINE

ペルーのバイアグラ」と言われている地元で大人気のカエルジュース - GIGAZINE

数多くの人間によって形作られた、まるでナスカの地上絵みたいな航空写真アート - GIGAZINE

in 取材, Posted by logc_nt