試食

天丼てんやの秋限定天丼「松茸ぎんなん天丼」「ふもとどり天丼」試食レビュー


いよいよ食欲の秋が到来、なにか秋の味覚を楽しみたいと思っていたところに、天丼てんやが「秋の味覚盛り沢山 秋季限定第一弾」として「松茸ぎんなん天丼」と「ふもとどり天丼」の販売を開始したのを知り、さっそく秋の味覚を堪能してきました。

【PDF】食欲の秋!きのこの王様・松茸が登場 秋の味覚盛り沢山 秋限定第1弾 - 天丼てんや
http://www.tenya.co.jp/whatsnew/pdf/20130829.pdf

天丼てんやに到着しました。店舗正面には大きな「天丼」の看板が掲げられています。


しかし本日のお目当てはこちらの季節限定メニュー。てんやは松茸に"王様"の称号を与えています。


テーブルに座るなり、さっそく季節限定メニュー「ふもとどり天丼」と「松茸ぎんなん天丼」を注文します。


揚げるタネが多いせいか10分ほどかかり到着。左が「ふもとどり天丼」、右が「松茸ぎんなん天丼」。両方なかなかのボリュームです。


◆ふもとどり天丼
「ふもとどり天丼」には半熟玉子付きも選べるため、当然そちらを選ぶことにします。


こちらが麓(ふもと)どりの鶏天。麓どりというのは、自然豊かな環境で育てられた佐賀県の銘柄鶏。


おなじく麓どりのつくね。「ふもとどり天丼」は麓どりを2種類で味わえるようになっています。


麓どりを引き立てるのはかぼちゃと……


れんこん、いんげんの野菜天。


まずは麓どりの鶏天から食べてみます。


かじるとサクっとした衣の中にジューシーな鶏。臭みもまったくなくあっさりした鶏肉で、鶏が苦手な人でも食べられそうなくらいクセのない味です。


続いて麓どりのつくね。


こちらは胸肉特有のパサつきが感じられるものの、非常に細かく刻まれたなんこつの触感が良い具合にマッチしています。かすかにただよう生姜の風味もあっさりした肉の味を上品に引き立てています。


ここで半熟玉子を投入してみることに。


あっさりした鶏肉に濃厚な黄身がからまり甘みが増しました。


◆松茸ぎんなん天丼
お次は「松茸ぎんなん天丼」。


こちらが「松茸ぎんなん天丼」の主役、松茸です。


松茸は2本入っています。


主役の脇を固めるのはまいたけと……


かきの木茸。


こちらはもう一人の主役、ぎんなんと三つ葉のかき揚げです。


なお季節限定メニューとして、単品で松茸が1本120円(税込)で頼めることを発見。せっかくなので2本注文してみました。こちらは天ぷらの単品メニューなので天つゆと薬味の大根おろしと生姜がついてきます。


「松茸ぎんなん天丼」の松茸よりも薄切りのようです。


比較するとこんな感じ。


「松茸ぎんなん天丼」の中に単品の松茸を入れてみました。王様が4人になりさらに豪華さがアップ……というかやり過ぎ感満載です。


気を取り直してまずは"王様"からいただきます。


たっぷりとタレが染みこんでいます。


松茸は思いのほかジューシー。一噛みでかみ切るのがむずかしいほど肉厚です。


続いてまいたけ。


一口かむと、松茸よりも強い味と香りにびっくり。味の濃い天丼のタレにまいたけはまったく負けておらず、天丼の具材としては十分主役を張れる存在感です。


次はかきの木茸。


かきの木茸は、えのき茸を日光に当てて育てたもので、通常のえのき茸にくらべて肉厚だそうです。確かにキノコの傘はえのき茸より少し大きく……


茎の部分も茶色いようです。食べてみたところ、残念ながら通常のえのき茸と区別がつきません。天丼のタレが強すぎるのかも。


こちらはぎんなんと三つ葉のかき揚げ。


がぶりと一噛みすると、中からぎんなんがごろごろ出てくるほどたっぷりぎんなんが詰まっています。三つ葉の香りよりもぎんなんの香りの方がやや強く感じます。


最後に忘れていたエビ。「松茸ぎんなん天丼」はあまりにタレント揃いで、いつもは主役のエビさえもまったく目立たない存在と化しています。


しかしいざ食べてみると、プリプリの触感にタレにも負けないしっかりとした旨味は、やはり主役級であることを実感させられます。


「松茸ぎんなん天丼」は10月20日までの限定メニューで830円(税込)、「ふもとどり天丼」は11月27日までの限定メニューで620円(税込)で半熟玉子付きは680円(税込)となっています。松茸が楽しめることを考えると「松茸ぎんなん天丼」の830円という価格はお得ですが、ボリュームが多めな点には注意が必要です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アボカド・マグロ・イカのかき揚げが強烈な味の「夏天丼」「カレー鶏天丼」など天丼てんや夏の新メニュー全制覇レビュー - GIGAZINE

関西エリア初出店となる天丼てんやへ大江戸天丼・穴子おろしそば・オールスター天丼を食べに行ってみました - GIGAZINE

天丼てんや25周年特別メニュー「鶏天丼~特製マヨだれ~」「天然大海老と穴子の天丼」の2種類を食べてみた - GIGAZINE

松茸の風味を殺さない「松茸天丼」と卵がとろり流れる「親子鶏天丼」レビュー - GIGAZINE

鶏肉によってなめたけの底力をあげてきた「鶏なめたけ」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.