ムービー

エアギター大会で優勝し続ける世界一のエアギタリストが真に迫る勢い


フィンランドでは、エアギターの世界大会である「Air Guitar World Championships」が行われており、毎年、エアギタリストたちによって激しい演奏が競い合われています。そんなエアギターの世界チャンピオンのプレイがYouTubeで公開されています。

Eric "Mean Melin" Melin, Air Guitar World Champion 2013 - YouTube


「Air Guitar Championships」


司会がエアギタリストを紹介しています。


大勢の観客が待ち受ける中ステージに呼ばれたのは……


アメリカ出身のMean Melinさん。大音量のヘヴィメタ系ギターサウンドをかき鳴らしています。


キレのある動きはまるでギターを弾いているよう。


ポージングも重要。


ギター本体を体回りで一回転させるパフォーマンスを見事にキメました。


よく見ると指の動きまでこだわって再現。


クライマックスでスタン・ハンセンがよく行う、中指と薬指を折り曲げるハンドジェスチャーを掲げており、これは悪魔の角を表しています。


観客も盛り上がっています。


そして時間が飛び、Mean Melinさんの第2幕の開幕を告げる司会。


登場。


真に迫るエアギターパフォーマンス。


両手を叩いて観客をあおります。もはやギターはどこにあるのかわかりません。


観客も先ほどよりもさらに盛り上がっており、咆哮をあげるMean Melinさん。


よく見ると早弾きでギターを弾いています。


ついに曲は終演を迎えました。やりきった表情のMean Melinさん。


少年もあまりのパフォーマンスに唖然としています。


「昔ドラムを叩いていたそうだけど……、なぜエアギターに転向したの?」という司会の質問に対して……


「楽しいから!」と邪悪な笑顔で答えるMean Melinさん。


採点は最高得点を獲得し、Mean Melinさんは2012年に続いてエアギターチャンピオンの連覇を成し遂げました。


なお、2012年の大会では衣装にもこだわったようです。


エアギター世界大会では毎年、日本も含む約12ヶ国のエアギタリストたちが出場し技量を競い合っています。「ギターは弾けないけどエアギターなら……!」という人は参加してみると、チャンピオンへの道が開かれるかもしれません。以下が公式サイトになります。

Air Guitar World Championships › Welcome to the Air Guitar World Championships! | Air Guitar World Championships - AGWC 2013
http://www.airguitarworldchampionships.com/


なお、日本からは「Mitsuaki "Inogami Koushou" Inoue」氏が参戦、6位となっています。
Inogami Koushou

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
iPhoneを使って誰でもギターが弾けるようになる「gTar」 - GIGAZINE

ギターをどこでも練習できる超小型のギターヘッド「PocketStrings」 - GIGAZINE

あやしい踊り、エアギター、可愛い振り付けと見所満載な「つきねこ」野外ライブ - GIGAZINE

まるで本物のようなリアルさの1/8ギター「1957 STRATOCASTER Relic」 - GIGAZINE

ギターが鳴るとゴキゲンな動きをしまくる双子の赤ちゃんたち - GIGAZINE

in 動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.