試食

ハーゲンダッツ「メープルフレンチトースト」と「バナナチョコレートブラウニー」試食レビュー


新商品を続々と投入しているハーゲンダッツが、クリスピーサンドの新作「メープルフレンチトースト」とクレープグラッセの新作「バナナチョコレートブラウニー」を8月19日(月)から発売しています。どちらも今までのハーゲンダッツに無いようなフレーバーだったので、さっそくお店でゲットして食べてみました。

クリスピーサンド|商品情報|ハーゲンダッツ Haagen-Dazs
http://www.haagen-dazs.co.jp/crispy_sand/

クレープグラッセ|ハーゲンダッツ Haagen-Dazs
http://www.haagen-dazs.co.jp/crepe_glace/

クリスピーサンドメープルフレンチトーストのパッケージは、いつものクリスピーサンドのパッケージに紫色が使われ、フレンチトーストのイラストが描かれています。


構造はこんな感じ。メープルソース・フレンチトーストアイスクリームなどが使われています。


原材料にはメープルソースや卵黄が確認できます。乳脂肪分は13.5%でハーゲンダッツのミニカップバニラの15%よりやや少なめ。


カロリーは267kcalでハーゲンダッツミニカップバニラとまったく同じ。


箱を開けると、袋に包まれたアイスが登場。


開封するとこんな感じ。ハーゲンダッツのロゴがウエハースに描かれています。


横から見ると、卵とミルクのコーチングが確認できます。さっそく食べてみることに。


メープルや卵の味を感じ、メープルシロップをたっぷりかけたフレンチトーストっぽい味。過去に発売されていたメープルウォールナッツや、カスタードプディングに似た雰囲気も少しあるもののまた違った味わいで、メープル・卵・ミルクのアイスとサクサクした食感のウエハースが絶妙にマッチ。パッケージのイラストほどメープルソースは入っていませんが、濃厚な甘味もいい感じ。


甘味がきつすぎることはありませんが、コーヒーや紅茶と食べても相性が良さそうです。価格は税込273円。


クレープグラッセのバナナチョコレートブラウニーのパッケージはこんな感じ。ブラウニーとチョコバナナのイラストがプリントされています。


チョコレートソースとチョコレートブラウニーの入ったバナナアイスクリームをクレープ生地で包んでいます。


原材料にはクレープ・バナナピューレ・チョコレートシロップ・ブラウニーが確認でき、乳脂肪分は11.5%


バナナチョコレートブラウニーというとかなりカロリーが高そうですが、、180キロカロリーとハーゲンダッツにしては少なめ。一方、バナナの果汁・果肉は20%とかなり多い印象。


開封するとクリスピーサンドシリーズと同じように袋に包まれています。


さらにビニールを開封するとこんな感じ。クレープの中央にはハーゲンダッツの焼き印が確認できます。


クレープの中にはチョコ色のアイスが。食べてみます。


最初にバナナの味と匂い、後からチョコレート味のアイスクリームを感じます。けっしてチョコバナナの味がチープになってしまうことはなく、ハーゲンダッツらしいリッチで濃厚な味わい。価格は税込294円で市販品のアイスにしては高めですが、クレープを買うのに比べればかなりお得。


チョコレートソースはかなり多く入っていますが、チョコレートブラウニーは多少入っているものの、クレープの食感と似ているせいかあまり感じ取ることができませんでした。


いずれも期間限定の商品になっており、今までにありそうでないフレーバーなので、ハーゲンダッツファンの人は一度食べておくべきアイスです。

・関連記事
ハーゲンダッツの期間限定商品Cookies「ココアクッキー&コーヒーアーモンド」「バタークッキー&キャラメルスカッチ」試食レビュー - GIGAZINE

ハーゲンダッツの新作「コーヒーミルク」はカフェラテとは一味違った味わい - GIGAZINE

日本最後のハーゲンダッツのリアル店舗が本日閉店、長蛇の列が店外まで伸びまくり - GIGAZINE

夜店によくあるあの本物のかき氷をブロック氷と業務用マシンで作る方法 - GIGAZINE

日本に5軒しかない天然氷屋「日光天然の氷四代目徳次郎」のかき氷を食べに行ってきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log