15kgのパイロットスーツを着て1日16時間動き回ったと「パシフィック・リム」イェーガーのパイロット2名が語る


8月10日(土)から公開されている映画「パシフィック・リム」は、巨大な人型兵器イェーガーに人間が乗り込み、太平洋から現れる巨大怪獣と戦いを繰り広げるという映画ですが、この作品の中で主人公のローリー・ベケットを演じたチャーリー・ハナムと、ペントコスト司令官を演じたイドリス・エルバが作品の魅力を語るインタビューが公開されました。2人によると、ギレルモ・デル・トロ監督がこの作品に並々ならぬものを賭けていることは最初からビンビンと伝わってくるほどで、新しいファンの心をぐっと掴む作品として仕上がっているとのこと。

大ヒット上映中! 3D/2D同時上映|映画『パシフィック・リム』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/pacificrim/



「パシフィック・リム」チャーリー・ハナム&イドリス・エルバ インタビュー - YouTube


「最初からこんな大作になると思っていましたか?」


ペントコスト司令官役のイドリス・エルバ(左)はこの質問を受けて即座に「Yes」と回答。チャーリー・ハナム(右)も、最初から熱意がビンビン伝わってきたと答えました。この作品についてデル・トロ監督は壮大な構想を持っており、過去の作品では何度か出だしで失敗したことがあったため、「この作品では失敗できない」という気合の入り方は相当なものだった様子。


映画を製作したレジェンダリー・ピクチャーズにはイェーガーやカイジュウのような巨大キャラクターを扱えるだけの能力が十分にあったことで、細部のリアリティにまでこだわった作品作りが行われ、その結果、初見でも世界観に魅了されるような作品ができあがっている、というわけ。


脚本を読んだイドリス・エルバは“こいつは本当にすごい作品になるぞ”と感じたそうで、パシフィック・リムの名前を「スター・ウォーズ」や「バットマン」といった大作と並べました。


「お互いの役同士の関係について教えて下さい」


「ベケットとペントコスト司令官の関係もこの作品の見所の1つだ」とチャーリー・ハナム。他では見られないような創造的でエキサイティングな世界を作り上げ、その中で人々の心を打つような美しい人間ドラマを描き出していることにギレルモ・デル・トロ監督の凄さがあると大絶賛。


2人はいずれもパイロットで、世界の危機に直面したことで立場の違いを忘れて結束することになります。イドリス・エルバの印象に残っているのはベケットに対して「世界に残されたイェーガーは5体。お前にしか操縦できない」と告げるシーン。2人は監督とともにストーリーを紡いでリアリティを追求することで、役と同じように日々結束が強まっていくという有意義な体験ができたそうです。


「この映画の制作は試練でしたか?」


チャーリー・ハナムによると「作品のスケール感だけは忘れないようにと心がけた」とのこと。彼らが着用したスーツは重さが15kgあって、着るのに2人がかりで30分もかかるものなのですが、それを着た状態で1日に12時間から16時間は動き、さらに毎秒200リットルという量の水をかけられ、火炎放射器で炙られるという撮影は「大変」という一言では語れないもののような気がしますが、そんな状況だけに演技の必要がなく、「本当に死ぬ気で戦っていた」のだそうです。


イドリス・エルバも同様で、部下や家族たちに囲まれるシーンなのに、スーツを着用しているために股までガッチリと固められた状態になっていて、なんとか感情的な演技をするのは「キツい体験だった」と語りました。


そういった苦労を知った上で映像を見ると、「このスーツは見せかけだけではなく本当に重たいのか」と役者根性に驚かされます。

映画『パシフィック・リム』予告2(字幕版)【HD】 2013年8月9日公開 - YouTube


芦田愛菜のハリウッドデビュー作として宣伝されたりしていますが、吹替版がタレント起用で話題作りを優先したものではなく実力派の声優を揃えたものとなっているところも注目なので、ぜひ映画館で見てみて下さい。

ベケットとともにイェーガーに乗り込む訓練生の森マコ(菊地凛子/声:林原めぐみ)、司令官のペントコスト(イドリス・エルバ/声:玄田哲章)、元パイロットで地球の危機が訪れたことで再びイェーガーに乗り込むことになるローリー・ベケット(チャーリー・ハナム/声:杉田智和)。


©2013 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.AND LEGENDARY PICTURES FUNDING,LCC
監督:ギレルモ・デル・トロ/脚本:トラビス・ビーチャム/キャスト:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、ロン・パールマン、芦田愛菜 他
配給:ワーナー・ブラザース映画

・関連記事
超巨大怪獣と超巨大人型ロボの戦闘シーンがこれまでにないほどド迫力なSF映画「パシフィック・リム」メイン予告編ムービー公開 - GIGAZINE

超巨大人型ロボが超巨大怪獣と戦いまくる超ド迫力映像満載「パシフィック・リム」予告ムービー登場、世界の終末阻止のために最後の希望が立ち上がる - GIGAZINE

大怪獣vs巨大ロボ「パシフィック・リム」最新予告編をスマホ向けCPUで有名なクアルコムがYouTubeで公開 - GIGAZINE

超巨大人型ロボvs超巨大怪獣が戦うSF映画「Pacific Rim」予告編ムービー公開、敗北寸前の人類を救う戦いが始まる - GIGAZINE

76

in 動画,   映画, Posted by logc_nt