レビュー

無料でガントチャートを使いながら多機能&直感的なタスク管理が行える「Brabio」


ガントチャート式でタスクを表示し、手打ちではなくクリック&ドラッグで期間の変更や進捗を記録でき、メンバーの権限を設定することでタスクの閲覧範囲を制限することもできるなど、さまざまな機能がついたタスク管理クラウドサービスが「Brabio」。5人以内のメンバーなら期間限定ではなくいつまでも無料で使えるとのことなので、実際にサービスを触ってみました。

プロジェクト管理,ガントチャート,スケジュール表がサクサク作れる。チャート作成がカンタンに共有!しかもフリー タスク管理にも
http://brabio.jp/



まずは「フリープランを体験する」をクリック。


自分のメールアドレスを入力し、「次へ」をクリックします。


メールアドレスに登録の案内を送信するために「送信する」をクリック。


こんな感じでURLが記載されたメールが届くので、URLをクリックします。


表示されたページでメールアドレス・ログイン名・名前・パスワードを入力し、利用規約への同意にチェックを入れたら「登録する」をクリックします。


最後にグループ名を登録。


これで完了。デフォルトではタスクの代わりに使い方が登録されたガントチャートが表示されました。


タスクを編集するためにはまずは画面左上の「編集モードにする」をクリックします。


新しいタスクを登録。作業を行う期間や内容・メンバーなど詳細はこのように手打ちで入力することもできますが……


チャートをドラッグして直感的に期間の指定を行うことができ、かなり使いやすい印象です。


既に登録済みのタスクの期間変更もあっという間。


登録されているタスクのうち、青色のものは進行中のタスクで、紫のグラデーションになっているのが進行の遅れているタスク、期限切れのタスクはオレンジになっており、一目で進行状況がわかる表示です。また、進行状況を変更したい時はタスクの横のパーセンテージをクリック。


スライダーを動かして変更できます。


ドラッグ&ドロップだけでタスクの順序も簡単に入れ替えられます。


期間をまるごと動かしたい時はタスクをドラッグするだけ。


Shiftキーを押しながらタスクのうち2行を選択。


そしてCtrl+F2を押すと2つのタスクをリンク線でつなげることも可能です。


タスクはフォルダとしてひとまとめに管理できます。


ひとまとめにしたタスクは灰色で覆われました。


また、ブラビオ・プロジェクトver3.0では「管理者」「スタッフ」「パートナー(外部メンバー)」「ゲスト(外部メンバー)」の4つのユーザーモードがあり、得意先や関連会社とも情報共有がスムーズに行えます。


メンバーの名前を指定し、タスクを振り分けます。


タブレットからタスク管理画面を見るとこんな感じ。


「スタッフ」はタスクの追加自体は可能なのですが、管理権限がないため変更等が行えません。


また「ゲスト」に設定されたユーザーは担当するタスクだけにアクセスが許可されるので、プロジェクトのごく一部のみを外部の人と共有することができます。


もちろん、チャートではなく、カレンダー式で表示させることも可能です。


「担当状況」では、各人に振り分けられたタスクが重複し、いつ誰が忙しいかもわかるようになっています。


非常にすぐれたインターフェースで、知りたい情報がぱっと見ただけで理解可能、操作も直感的なためタッチパネルでも使いやすくなっています。5人までなら無料で使用できるので仕事だけでなく夏休みの自由研究やグループワークでも役立ちそうなアイテムとなっていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
タスクが一目でわかりやすく管理可能なソーシャルタスク管理サービス「ToDous(トゥドゥス)」 - GIGAZINE

RPGをプレイする感覚でタスクを管理し習慣づけを成功させる「HabitRPG」 - GIGAZINE

面倒で退屈なタスクをこなすための解決方法6パターン - GIGAZINE

いくつもの作業を同時にしてはいけない12の理由 - GIGAZINE

重要な仕事に集中するため効率化できる日常的な3つのタスク - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.