取材

戦車好きすぎの社長が入手した「九五式軽戦車」実物大プロップ登場、圧巻の実物大戦車の迫力が目の前で体感可能


戦車好きが高じてケッテンクラートを所持し、「ケッテンクラート解体新書」を出版した「カマド」社長が、今度はアメリカHBO社「ザ・パシフィック」のために制作された「九五式軽戦車」実物大プロップ(撮影用の大道具)を入手、各所をディテールアップし、考証に基づいた塗装も施し、ついに今回のワンダーフェスティバル2013[夏]にて展示の日を無事に迎えた、というわけです。

そんなわけでプロモーションスペースマップ「b」にやってきました


ででーん


この九五式軽戦車は撮影のロケ地であるオーストラリアで製造されたもので、オーストラリア戦争記念館で偶然レストア中であったホンモノの車両を採寸


実物から型取り複製したキャタピラーを使用し、構造は角鉄パイプフレーム構造に厚さ2mm程度の鉄板を貼り付けたモノ。


砲塔も同様の構造で、砲塔ハッチはFRP樹脂、運転席ハッチは溶接工が使用する遮光バイザーのような形状で鉄製。


サスペンションは実物の構造そっくりに作ってあり、なんと可動OK。起動輪・誘導輪・転輪は厚さ2cmの鉄板から切り出した部品を溶接して組み立てたモノ。


重量は約3トン、フォード社製V型8気筒ガソリンエンジンとATミッション搭載で、フロントに配された操行装置を介して起動輪に動力を伝達する仕組み。


見所は足回り部分、一見の価値あり。


解説するパネルもいっぱい


足りない部品作成や塗装の工程


輸送中、売主はオーストラリアのブリスベン港から車で2時間ほど走った田舎町に住む戦車マニアで、庭には数台のM4シャーマン戦車が並んでいるとのこと。


日本へこの戦車が渡ることにかなり感激し、いろいろ便宜を図ってくれたそうで、「マニアの心意気に国境はない!」と感じたそうです。実にいい話ですね。


なお、実際に動くとこんな感じになります。

九五式軽戦車-1 Type 95 Light Tank "Ha-go"-1 - YouTube


九五式軽戦車-2 Type 95 Light Tank "Ha-go"-2 - YouTube


九五式軽戦車-3 Type 95 Light Tank "Ha-go"-3 - YouTube


九五式軽戦車-4 Type 95 Light Tank "Ha-go"-4 - YouTube

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2013[夏]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

射撃の威力を文字通り体感できた「90式戦車」の射撃と「74式戦車」の稜線射撃 - GIGAZINE

最新戦車「10式」も登場した、あらゆる角度から見られるそうかえんの装備品展示 - GIGAZINE

東京の陸上自衛隊広報センターに遊びに行ってきました - GIGAZINE

閃光と轟音が闇を切り裂く「夜間教育演習」の様子 - GIGAZINE

歩兵の小銃から戦闘ヘリコプターの機関砲まで、バリエーション豊かな自衛隊の「近距離火力」実演 - GIGAZINE

架空の敵に対し実戦さながらに練りに練られた作戦を展開する総火演の目玉「後段演習」 - GIGAZINE

米軍普天間飛行場に配備されている「オスプレイ」がどんな機体なのか見てきた - GIGAZINE

米軍新型輸送機「オスプレイ」機内から撮影した離着陸などムービーいろいろまとめ - GIGAZINE

「オスプレイ」に乗り込んで海兵隊の地上部隊支援訓練に同行してきた - GIGAZINE

in 取材,   乗り物,   動画, Posted by darkhorse