試食

スターバックスのエナジードリンク缶「スターバックッスリフレッシャーズエナジードリンク」を飲んでみました


日本におけるエナジードリンクの市場は急激な勢いで拡大しており、レッドブルモンスターエナジーburnなどの海外のエナジードリンクが続々と日本に上陸、種類も豊富になってきています。そんな中で6月25日(火)に発売されたのがスターバックスコーヒーブランドのエナジードリンク「スターバックスリフレッシャーズエナジードリンク」です。スターバックスらしくコーヒー生豆のグリーンコーヒーエキスが入っており、ハイビスカスやライムのエナジードリンクにしては珍しいフレーバーになるので、早速先行販売が行われているセブンイレブンに行って買って飲んでみました。

スターバックス リフレッシャーズR | スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/starbucksrefreshers/

スターバックス ブランドのエナジードリンク「スターバックス リフレッシャーズ ベリーベリーハイビスカス」「 同 クールライム」新発売 2013.6.5 ニュースリリース サントリー食品インターナショナル
http://www.suntory.co.jp/news/d_sbf/sbf0004.html

スターバックスのロゴが入った缶。他のエナジードリンクとは違った雰囲気です。


上から見るとこんな感じ。


レッドブルと缶の形は似ていますが、レッドブルの内容量は185mlなので、スターバックスリフレッシャーズの200mlの方がちょびっと多め。


まずはベリーベリーハイビスカスから飲んでみます。ピンク色も使われ、少し女性向けっぽい雰囲気の缶。


コーヒーの生豆エキス、髙麗人参に果汁が入った新しいタイプのエナジードリンクとのことです。


原材料にはぶどう果汁・コーヒー生豆抽出物・髙麗人参抽出物などが入っています。


カロリー100mlあたり48kcalで1缶200mlで96kcal。


注いでみると赤ブドウのような色がしています。


炭酸も入っています。飲んでみることに。


エナジードリンクなので滋養強壮にも向いていそうですが、ハイビスカスなども入ってリラックス効果もありそうなので、徹夜や疲れている時に飲むというより気分転換のために飲むとよさそう。果汁やハイビスカスの香りも入り飲みやすく、コーヒー生豆抽出物が入っているもののあまりコーヒーらしさを感じないのは、コーヒーが煎られていないためだと思われます。眠気覚ましにはやや不向きかもしれません。


続いてはクールライム。緑が少し使われたスターバックスっぽい色使い。


クールライムもベリーベリーハイビスカスに主原料は似ているものの、ライムとミントのフレーバーとのこと。


原材料にはライムが確認できます。


カロリーは100mlあたり42kcalで、1缶200mlだと84kcalとベリーベリーハイビスカスより若干低め。


注いでみると白ブドウのような色。


炭酸の強さもベリーベリーハイビスカスと同じくらいのようです。


こちらもエナジードリンクにしては低刺激。言われてみればライムとぶどうの味もするような気がしますが、ミントの香りも少し感じ、カクテルっぽいのでアルコールの入らないモヒートのような味もします。レッドブルと飲み比べてみたところ、やはりそこまでクールライムも味にクセがないので、リフレッシュに向いていそうです。


価格は1本税込200円とレッドブルと同じ価格。まずはセブンイレブンでの先行販売になるので、ちょっと元気がでない日に気分転換に飲んでみると良さそうです。

・関連記事
コーヒーから抽出したカフェイン入りジュース「スターバックス リフレッシャーズ」試飲レビュー - GIGAZINE

スターバックス夏の新作「ストロベリーチーズケーキフラペチーノ」試食レビュー - GIGAZINE

飲み過ぎた時の危険性を実感できるアメリカの大容量エナジードリンクの数々 - GIGAZINE

やる気が沸いてくる気がするエナジードリンクのボトルデザインいろいろ - GIGAZINE

57カ国以上で飲まれる米国No.1エナジードリンクが上陸「モンスターエナジー」試飲レビュー - GIGAZINE

世界85の国と地域で愛飲されているエナジードリンク「burn」日本初上陸 - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log